福島県福島市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

福島県福島市周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

福島県福島市は、福島県の北部に位置している市の一つで、福島県の県庁所在地です。人口は約30万人で、面積は767.72平方キロメートルです。福島市には、古くから城下町として発展し続けたという歴史があるため、伝統的なスポットだけではなく、子どもたちも楽しむことができる最新の施設が多いのが特徴になっています。

福島県福島市とは?

Hanamiyama Park, Fukushima, Fukushima Prefecture, Japan

福島市森合西養山にある「福島県立美術館」には、絵画もありますし、他の彫刻や工芸など2000点以上の展示品も展示されています。福島市早稲町には「こむこむ」という施設があって、そこではプラネタリウムや展示室がある子ども向けの教育文化複合施設となっています。この施設では、日替わりで参加体験型のイベントが行われていますので、子どもの遊び場にピッタリです。

お花見の名所として知られている花見山や、福島市街を一望できる夜景スポットとしても人気の信夫山、農道を拡幅してつくった農道離着陸場のふくしまスカイパーク、などなどたくさんの観光スポットが福島市にはあります。

このような福島県福島市ですが、福島市の保育士求人は、保育士として転職したいと願う人にとって求人数も多く、ブランクのある方でも保育の仕事に復帰しやすい時間帯の求人や、学童保育の求人に注目が集まっています。

全国的に年々増加している保育士需要ですが、福島市も同様に保育士の需要は増加しています。

特に福島県といいますと、2013年の東日本大震災ののち、復興途中でありますので、状況の変化にも伴いまして、保育士の数が足りないという問題もあるようです。その様な状況ですので、福島に戻って保育士として仕事がしたいと願っておられる方や、保育士に転職したいと願っておられる方も多くおられるのではないでしょうか。

その様な方たちのために、今回は福島県福島市の保育士事情と、転職サイトや転職エージェントについてご紹介していきます。

福島県福島市の保育士事情について

Some Kindergarten or nursery kids on a table drinking and playing

どんなお仕事をするにしてもそうだと思いますが、やはり気になるのはお給料のことではないでしょうか。

保育士として働きたいと願う人たちにとっては特にそうかもしれません。一般的に保育士のお給料は少ないということは良く知られています。実際に、全国的に保育士のお給料の低さというのは、問題にあげられていますが、特に福島県では、このお給料問題はかなり深刻になっているようです。

何故かといいますと、震災後、保育士事情に関しても大きな状況の変化が生じたようです。

震災が起こる前の福島県の保育士の平均年収を見てみますと、約385万円となっていおり、比較的高待遇となっていました。全国の平均年収を見てみますと、平成28年度は、326万円となっていましたから、福島県の保育士平均年収は全国を大きく上回っていたことが分かります。

しかし、震災という大きな事態の変化に伴い保育士の平均年収にも変化が起きました。震災後の保育士の平均年収は218万円となって、100万円以上も落ち込んでしまうということになったのです。これは福島県の予算が保育士の待遇改善ではなく、震災後の復興支援に回ったことが要因となりこのような落ち込みとなってしまったようです。福島市もその中に含まれているようです。

復興も少しずつ行われていき、福島県の平均年収は287万円と少しずつではありますが、以前の平均年収に向けて変化が見られているようです。

福島県はといいますと、震災が起きる以前から、保育士の待遇改善に対して力を入れてきた県でした。ですから、復興支援が進んでいくにつれて、予算の配分も変化してくると思いますので、平均年収も上がっていくでしょう。福島県内、福島市内で、保育士の求人を探している人は今はお給料が低いと思われているとしても、少しずつ保育士に対しての待遇は改善されていくことと思います。

福島県福島市の待機児童について

Cute little preschooler child girl drawing at home

待機児童問題というのは、どこの地域でも多く見られています。全国で自治体が、さまざまな対策を講じながら、待機児童ゼロを目指していますが、すべて解消されるというのは難しいという状況にあるようです。福島県福島市も同様です。

ですから、保育士として働いている人や働きたいと願っている人にとって、待機児童の人数というのは気になるところだと思います。

平成30年4月の時点の待機児童数をみてみますと、、福島県内の12の市町村で、待機児童は371人となったことを福島県が発表しています。これは、前年同時期比で247人減った計算になっています。福島県によりますと、待機児童数は、現在の調査方法になった平成27年度が401人で、平成28年度が462人で、平成29年度が618人となっており年々増加傾向になっているという結果報告がなされていました。しかし平成30年度に入り、少しずつ状況がかわり、震災後から続いていました待機児童の増加傾向は落ち着いてきています。

福島県内の待機児童数の内訳を見てみますと、待機児童が最も多かったのは、福島市の112人、南相馬市64人、郡山市45人、白河市41人、二本松市29人、西白河郡西郷村29人、相馬郡新地町14人、須賀川市11人、相馬市10人、田村市8人、いわき市7人、東白川郡塙町1人でした。とくに福島市では、保育士の引っ越しや、出産などによって退職が相次いだようで、そのため児童たちの受け入れ体制が整わない施設も見られたようです。

福島市の保育施設や待機児童数の詳細を見てみますと、保育施設等の数は68か所、保育施設等定員数は4541人、保育施設等利用児童数4630人、保育施設等待機児童数112人、保育施設等定員充足率102.0%、保育施設等待機児童率2.4%となっています。

保育士の人数が減っていった福島県福島市が行なった対策の一つには、待機児童の問題に対して保育士の給与を6000円程度アップしたり、大学や短大や専門学校などと連携して、保育園の就職を呼びかけたりして人員を確保できるように取り組んでいます。また、新設の保育施設を9か所ほど開園することによっても、待機児童問題解消に向けて励んでいるようです。

福島市だけではなく、福島県内の安達郡大玉村を見てみますと、在宅で子育てを行なっている家庭には、産休明けの生後6ヶ月から1歳までの間には、月額1万円を支給したりして対策を講じていました。こうしたことから大玉村では、昨年度は18人いた待機児童が、本年度はゼロになるという成功例が見られています。

このような数字だけを見ていきますと、福島市だけではなく、福島県内の色々な地域で、保育士の人手不足や待機児童問題はまだまだ深刻な問題になっているということがわかります。このような状況ゆえに、保育士の処遇や待遇が見直しされる可能性が高いということになりますから、福島市で保育士として働きたいと思っておられる方は、期待することができますね。

福島市で転職する際に注意すべき点について

Top view of a man stands on industrial striped asphalt floor with warning yellow black caution pattern.

福島県内では予算の多くが東日本大震災の復興のために使われているのが現状ですので、そのため保育士の処遇改善に使うことのできる予算が限られてしまうのです。しかし、復興が進んでいくにつれ、今まで復興ののために使われていた予算は保育士の支援に回ってくることになりそうです。いまは、福島市で保育士として働くことに、お給料の少なさゆえに魅力を感じていないと思っていても、徐々にそうした問題は改善されていくことになると思われますから、長い目で見ながら情報の収集を行って行くことが必要になってくるでしょう。

福島県内では求人募集が出ているエリアというのに偏りが見られます。震災復興が徐々になされてきている場所では人口が増えてきていっていますので、保育園も徐々に新設されてきています。そのために、そのようなエリアでは保育士の需要がかなり高まっています。逆に震災の影響を受けていない地域や、震災復興にまだ時間が必要な場所などは求人を探してもなかなか見つけることが難しいという現状が見られています。

特にそのような求人がまだ少ないエリアでは、保育士の求人が出される1月から3月の時期を逃してしまいますと、ほとんど求人が無くなってしまい、次の年まで待たなければいけなくなるということもありますので、転職や就職活動をしようと考えている方は、そのことをしっかりと考慮に入れて、物事を進めるようにしてくださいね。

では、福島市で保育士の求人を探すにはどうしたらいいのでしょうか?

福島市で求人を探す方法について

福島県では各自治体が保育士の数や保育士が働きやすいようにするために、色々な取り組みがなされています。福島市も同様です。そのような中から自分に合った求人を探すための保育士の転職サイトや転職エージェントを利用されることをおススメします。

ハローワークにももちろんたくさんの保育士求人は載せられていますが、ハローワークの求人では応募資格の欄には、「経験者募集」としか書かれていないということが多いので、どのくらいの経験が必要なのかといった具体的なことが記されていません。また、求人誌にもたくさんの保育士求人がありますが、広告に載せる文字数が決められていることが多いので、求人の詳細なところを知るのが少し難しいかもしれません。

そのため、面接に行ってから初めて詳細な点を知ることになり、もしかしたら自分が希望している保育施設ではなかったということにもなりかねません。

このような難しい状況が起きないためにも、保育士の転職サイトや転職エージェントを利用して、求人を探す方がいいという人が多くいます。保育士の転職サイトなどではどのようなサポートをしてもらうことができるのか、一般的な転職サイトのサービスについてご紹介したいと思います。

まずは、転職サイトが求人探しを代わりに行ってくれます。また、自分の希望を聞きながら一緒に探してくれます。

保育士の求人は時期やエリアによって数が多くあり、どこをどのように見て探したらいいか分からないという方も少なくないようです。あまり分からないまま求人を見たとしても希望通りの求人を探し出すということは難しいかもしれません。自分がどのような保育園で働きたいと思っているのか、お給料や働く待遇などの要望を細かく伝えることによって、希望や理想に合った保育園を紹介してくれます。

また転職サイトには、ハローワークや求人誌には載せられることのない「非公開求人」というものが多く存在することがあります。一般には公開されていない求人ということです。

求人を出している会社側が、求人を非公開にする理由というのはさまざまです。その理由には、たとえば、求人情報には応募資格というものが必ずといっていいほど載せられているわけですが、応募してくる人の中には応募資格が全くない人が応募してくるということがあるので、そうなると応募者全員の情報をすべて確認していくというのは企業にとってとても大変な作業になるわけです。

それで、非公開求人にすることによって、あらかじめ保育士のスキルや経験などの応募資格に満ちた人だけが応募することができるように設定されているのです。ですあら、資格にかなった人にとっては好条件な求人が多いといえます。

保育士転職サイトを利用されることをおススメする他の理由としては、専属のコンサルタントが一人につき一人ついてくれるということです。求人を探すときから、就職するまで一貫したサポートを受けることができますので、心強いです。

それぞれの保育士の希望を聞いてくれて、その希望に合った保育施設を探してくれますし、保育施設の様子なども教えてくれます。面接の調整や、お給料や勤務希望などの調整まで、責任を持って行ってくれますので安心して転職活動をすることができます。

このようなサポートは、すべて無料で受けることができますので、まずは転職サイトに登録することをおススメします。転職に関する相談だけでも受け付けてくれますので、ぜひ利用してみてくださいね。

保育士転職サイト「保育士バンク」

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

では、ひとつおススメの保育士転職サイトをご紹介します。「保育士バンク」というサイトです。保育士専用の転職、就職活動を支援している保育士転職サイトです。2013年7月からスタートした比較的新しい会社なのですが、現在では国内最大級の保育士転職サイトに成長してきました。また、厚生労働省が職業紹介業者として認可している会社なので、安心して利用することがでいると思います。

登録をするだけで、「保育士専用」のキャリアアドバイザーが専任でついてくれますので、何でも相談することができます。その人に合った仕事を探して面接まで行くことができるように調整してくれますので、安心できます。

転職を考えておられる方は、まずは相談だけでもされてみるのはいかがでしょうか。きっと新たな情報や可能性が得られると思いますよ!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事