保育士に人気の資格「絵本専門士」とは?資格の特徴や取得方法を探る!

保育士に人気の資格「絵本専門士」とは?資格の特徴や取得方法を探る!

「絵本専門士」という資格を聞いた事があるでしょうか?あまり知られていない資格ですが、保育士の中では取りたい資格第1位になるほどの人気があります。今回は、この絵本専門士というのがどのような資格で、どうすれば絵本専門士となる事ができるのかという点を詳しく見ていきたいと思います。

「絵本専門士」の資格を知ろう!

読み聞かせ

「絵本専門士」という資格を聞いた事があるでしょうか?あまり知られていない資格ですが、保育士の中では取りたい資格第1位になるほどの人気があります。今回は、この絵本専門士というのがどのような資格で、どうすれば絵本専門士となる事ができるのかという点を詳しく見ていきたいと思います。

まず最初に、絵本専門士というのはどのような資格なのかという点を見ていきましょう。

絵本専門士とは?

絵本を読み聞かせる

絵本専門士という資格は、小さい時から本を読んだり聞いたりする事で子供の脳にとても良い影響があることが分かった事で、平成24年10月に国立青少年教育振興機構が設立した資格です。この絵本専門士は絵本に関する高度な知識や技術、感性を備えた絵本の専門家という事です。こうした絵本専門士は絵本を読み聞かせる事で子供達の知識を高め、創作活動、手遊びなどの能力を高めることが必要となっていきます。

この絵本専門士の資格を取ると、保育の環境の中で活かせる事が出来ますし、他にも絵本の読み聞かせ会を開き地域のお母さん方や子供達を招くこともできるでしょう。また、研修会で講師をしたり、医療機関やリハビリセンターなどにおいて、読み聞かせを行なったりすることができます。絵本専門士には活躍できる場がたくさんあります。

それだけでなく、自分の子供に読み聞かせをする時にも役に立つ資格とも言えますね。

では、絵本専門士にはどのような能力が期待されているのでしょうか?

絵本専門士に期待されている能力とは?

絵本を読む保育士

絵本専門士になりたいと思っても、皆がなれるという訳ではありません。どのような能力が必要となってくるのでしょうか?

まずは、3つの領域。「絵本や子供に関する知識」「豊かで魅力のある人間性などの感性」「手遊びや読み語り、創作活動などの技術」です。

それに加えて、6つの能力が必要です。

「選択力」子供の発達段階に応じて絵本を選択する力。「指導力」研修会の講師として、個人やグループに対してのアドバイス、指導をしていく力。「表現力」物事を論理的に相手に分かりやすく説明し、伝える力。「コミュニュケーション力」相手と適切な意思疎通ができる力。「企画力」絵本に関わる事業を企画し、実施する力。「コーディネート力」個人やグループを結びつける力。

このような3つの領域と、6つの能力が絵本専門士には必要とされているものです。絵本に関する知識だけではなく、ワークショップや読み聞かせなどを企画し、それを実行する力がなければいけません。

また、自分が持っている知識やスキルを他の人に伝えていくという大切な役割もあります。こうしたこと全てが出来るようになれば、絵本専門士としてどんどんキャリアアップしていくことでしょう。

では、絵本専門士になるためには、どうしたらよいのでしょうか?絵本専門士の資格の取り方について詳しく見ていきたいと思います。

絵本専門士になるためには。

絵本を読む保育士

絵本専門士の資格を取るには、まずは応募資格を満たす必要があります。その応募資格は子供や絵本に関連している資格がある人(司書、司書補、保育士、幼稚園教論などです)絵本に関わる実務が3年以上の経験がある人(図書館職員、幼稚園教論、福祉施設職員、幼児文学の出版や販売)、絵本に関わる活動に携わり3年以上の経験のある人(絵本の読み語り活動、絵本のワークショップの実施など)絵本学や児童文学や美術についての研究実績がある人(大学院などで幼児文学経験の実績など)、こうした応募資格があります。この応募資格のいずれかに当てはまる人が絵本専門士の資格を取得することができます。

取得するには、インターネットでの申し込みとなります。その申し込みフォームには個人情報や所属団体、受講資格に関わる活動、受講動機を400字、認定後に活動したいことを400字入力します。その後、受講が決定すれば案内が送られてきます。絵本専門士養成講座を受講できます。講座を修了すると、修了過程の評価がなされ、絵本専門士としての能力や資質があると認められると絵本専門士として晴れて認定されます。

絵本専門士養成講座では、どのようなことを学べるのでしょうか?

知識分野では、絵本総論、知っておきたい絵本、絵本と出会うという科目があります。技術分野では、絵本の世界を広げる技術、絵本を紹介する技術、おはなし会の技術が学べます。感性分野では、絵本の持つ力、心に寄り添う絵本、絵本と空間、子供の感性に学ぶ、絵本と大人の感性、絵本が生まれる現場という科目です。他にもオリエンテーションやディスカッションの授業もあります。

この絵本専門士養成講座では1コマ90分から120分の全30コマ、合計50.5時間の授業を受けることになります。絵本専門士養成講座を受講して、課題レポートを提出します。

受信料は50,000円で、受講定員数は60名です。年に5回ほど開かれていますので、自分の行きやすいタイミングに合わせて申し込んでくださいね。実施日は2ヶ月おきで、土曜日曜に連続して2日間で開催され、終了までには9ヶ月程かかります。実施場所は、今のところ東京でのみとなっています。東京都渋谷区にある国立オリンピック記念青少年総合センターという施設で実施されています。

詳しく知りたい方は、絵本専門士委員会事務局(国立青少年教育振興機構教育事業部企画課指導者育成係)まで問い合わせください。電話番号は03(6407)7713です。

では、どのくらいの倍率でしょうか?

まず、受講するために応募資格を満たす必要があります。その資格を満たしたなら、次はエントリーシートによる選別となります。受講動機、認定後にしたいことなど絵本専門士としてどのような活動をしていきたいのか熱意を伝えなければなりません。ここを通過して定員60名の受講生になれます。平成27年の募集には定員60名に対して491名もの応募が来たようです。倍率は8.2倍と狭き門となっています。

それでも、絵本専門士になりたい!と思われる方は多いと思います。絵本専門士になるメリットとは何でしょうか?次にその点もみてみましょう。

絵本専門士になるメリットとは?

絵本の読み聞かせ

まずは、絵本専門士のニーズと言うものが高まっているということです。

幼児期から絵本を読み聞かせることで言語能力や創造性が豊かになり様々な能力が伸ばされるようです。また、病気になった際のリハビリなどにも活用されていますので、絵本専門士として働く場というのは増えてきています。

次に、自分自身のキャリアアップにもなるということです。

絵本専門士の資格を取得すると、保育士だけではなく他の場にも活かせる事が出来ます。例えば、企業で絵本作りの企画に参加したり、教育機関などで絵本の講師として活躍したり、もしかすると自分でオリジナルの絵本を作るという機会も開かれるかもしれません。このようなキャリアアップ、スキルアップは嬉しいことですね!

また、就職や転職する際にも絵本専門士という資格で優遇されるかもしれません。

絵本専門士の資格を保有している人はまださほど多くはいません。だからこそ、就職時、転職時には優遇されるということもあります。

しかし、求人募集を見ているだけでは、絵本専門士を募集しているかどうかが分からないこともあります。どのように求人を探すことができるでしょうか?次に、その点を見てみましょう。

絵本専門士の求人を探す方法について

おもちゃで遊ぶ子供

求人の見つけ方は様々あります。友人を通してとか、求人誌などでも保育士の求人は見つける事が出来るかもしれませんね。また、ハローワークを利用してみるという方法もあります。ハローワークは国の管理の下、求職手続きや求人情報の提供などを提供してくれる行政サービスのことです。

ハローワークを利用するメリットとしては応募資格が緩いということがあげられます。応募資格が比較的他と比べて緩いので、誰でも応募できます。何回も転職していたり、何らかの事情ゆえに働いていない期間が長かったとしても応募することができます。

パソコンやスマートフォンが使えなくても大丈夫です。パソコンを持っていない、スマートフォンを所有していなかったとしても、ハローワークの職員の方がその場で探してくれるので、高齢の方やまた機械に強くない方でも安心です。また、ハローワークの職員の人が直接相談に乗ってくれるのでこんな感じの仕事がしたい、こんな保育園で働きたいなど条件を出せばいくつか保育園をピックアップしてくれます。その為、短時間で求人情報を取得することができます。

ハローワークを利用するデメリットとしては、ハロワークにはない求人もたくさんあります。また、ハローワークの職員の人は保育士の専門ではないので、絵本専門士として就職したいということを相談したくても職員の人たちは、就職、転職についての知識はあっても、絵本専門士の転職については詳しくはありません。ですから、募集している保育園がどんなところなのか、絵本専門士を募集しているのかなどの詳しい情報は分からない場合が多いです。

ですから確実にキャリアアップがしたい、絵本専門士として就職、転職したいと思うのなら、保育士の転職サイトや転職エージェントを利用することをオススメします。その理由をいくつかあげたいと思います。

たくさんある求人の中から、マッチングすることで確実に自分にあった仕事を探すことができます。忙しい日々の中で、さっと目を通すだけでも相当な時間のかかる膨大な量の求人の中で、自分にあった求人を見つけるのは一苦労です。でも、転職サイトや転職エージェントを使えば自分でわざわざ探すことなく、コンサルタントが探し出してくれます。プロにお願いするわけですから、ミスマッチが起きる心配もありません。求人には書かれていなかった絵本専門士の優遇なども探し出してくれることでしょう。

非公開の求人にも応募ができます。一般的な求人サイトや転職サイトに乗っていない求人もあります。人気の求人、情報が他者に漏れたくない場合、ある程度のスキルやキャリアが求められる求人の時には非公開求人となるときもあります。そうした非公開求人が人材紹介のみに掲載されることがあるので、転職サイトなどに登録すると得られる求人情報や企業情報の幅が広がっていくことでしょう。そうした求人は応募する人も限られている為に、双方の条件が合うならば採用されやすいといえるでしょう。

自己主張が苦手で、面接が苦手という方が多いと思いますが、転職サイト、転職エージェントでは面接の仕方を熟知していますから面接のアドバイスを受けたり、模擬面接から対策を練ってくれます。ですから、本番の面接で何を言うか、どう振る舞ったらいいのかと緊張する必要はありません。自己主張が苦手だったとしても、どのように何を言うかを的確にアドバイスしてくれます。面接の日程、採用条件などの交渉をしてくれます。絵本専門士として優遇してもらえるように交渉してくれるでしょう。

面接が終わって残念ながらその時は採用に至らなかったとしても、全く心配はいりません。サポートはそこで終わってしまうことはなく、その後も就職できるまで何度でも求人情報を教えてくれ、面接の調整をしてくれます。

在職中でも転職活動ができます。サイトやエージェントに登録しておくことによって、コンサルタントが転職希望者に変わって求人の情報収集をしてくれますので、本人が在職中であっても転職活動ができます。今の仕事が忙しくて転職したいけど求人を見る暇もないという方にオススメです。

雇用後もコンサルタントに相談できます。採用されて入社したとしても、求人に載っていた条件と違っていた、又は相談したいことが出てくるということもあるかもしれません。そんな時にも、コンサルタントに間に入ってもらって雇用条件が守られているのか、また求人情報と違っていないかと判断を仰ぐこともできます。就職後も安心ですね。

しかも、こうしたサポートはみんな無料で受けることができます。登録さえすれば、誰でも受けることができるので是非活用してみてくださいね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

オススメの転職サイトと転職エージェント

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

まず、おススメしたいのは「保育士バンク」というサイトです。保育士専用の転職、就職活動を支援している会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社なのですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一といえるでしょう。また、厚生労働省が職業紹介業者として認可した会社ですので安心できます。

簡単に検索することができます。例えば「こだわりの条件で探す」という検索方法です。そこでは残業が少なめ、 通勤便利、土日休み、有給あり、 ブランクOK、などよくある条件もありますがそれ以外にも、英語が使える、夜間保育所、アットホーム、などのユニークな条件からも探せます。全部で39個の条件から自分にあった職場を探しだせます。これだけの条件から探せるなら自分に合った職場の雰囲気や働き方を感じ取ることができるでしょう。

その他にも「施設の形態から探す」ということもできます。保育所、幼稚園、企業内保育学童保育託児所など16の施設形態から条件を探し出せます。このように、検索条件だけでもこれほどあるなら、自分の希望に出来るだけ近い職場に絵本専門士として就職しやすくなりますね。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

マイナビ保育士

マイナビ保育士

大手人材会社マイナビグループが運営する保育に特化した転職サイト!

総合評価 4.20
対応地域 東京、神奈川、埼玉、千葉
特徴 ・一人ずつ丁寧に時間をかけたカウンセリング ・マイナビグループのネットワーク&ノウハウを元にした転職支援 ・保育園や運営企業の様々な情報を収集してくれる

他にもオススメできるサイトとして「マイナビ保育士」という保育士の求人に強い転職サイトをあげることができます。

この会社も厚生労働相委託事業者認定制度により平成27年に職業紹介の有料事業者と認定された者だけがもらえる「職業紹介優良事業者」を取得していますので安心して任せることができるでしょう。

マイナビ保育士は転職サイトとして40年の間転職サイトの第一線で活躍してきましたので、経験豊富ですし様々な形式での就職、転職の人達をサポートしてきた実績があります。ですから、絵本専門士としてなかなかいい就職先がみつからないとしてもサポート体制が万全に整っていますし、転職活動に必要なノウハウもスタッフの方たちはよく知っているので、任せて安心できますよ。

また、カウンセラーの方たちが丁寧に対応してくれるという点でもオススメできるポイントです。カウンセラーというのは非常に大切です。自分がどのような保育士になりたいのか、具体的にどのような保育園への就職を希望しているのかというような、就職に大切な情報を瞬時に汲み取って、自分にベストな就職先を提供してくれるかは、このカウンセラーににかかっているからです。

マイナビ保育士って?みんな評判と口コミからメリットとデメリットを知ろう!

大手のマイナビが展開する保育士専門の転職サービス「マイナビ保育士」。首都圏の保育士の求人についてはトップクラスです。今回はマイナビ保育士についてその特徴やメリット・デメリットをみんなの洋盤や口コミから探ってみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%93%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

まとめ

遊んでる子供

絵本専門士として仕事する為に、どのように資格を取ることができるのか、どのように求人を探すことができるのかを知る事ができましたね。今回は2つの転職エージェントしか紹介することができませんでしたが、絵本専門士として働く為には他にもたくさんの方法がありますから、自分に合った仕方で絵本専門士として就職、転職を成功させてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事