縦割り保育って?特徴やメリット・デメリットを知ろう!

縦割り保育って?特徴やメリット・デメリットを知ろう!

縦割り保育(異年齢保育)を取り入れている保育園や幼稚園が、ここ最近増えてきています。縦割り保育とは、異なる年齢の子どもを一緒に保育することです。今回は縦割り保育についての特徴やメリット・デメリットについてまとめてみました!

縦割り保育の特徴とメリットとデメリット

保育園

近年、少子化で子どもたちがたくさんの兄弟と一緒に遊んだり、異なる年齢の子どもと交流することが減っていたりと、子どもたちの環境も変化しており、なかなか難しい環境になってきています。一人っ子の家庭も増えてきているので、余計に異なる年齢の子どもと関わることが減ってきています。

しかし、子どもの成長の為を考えていくと、同級生とだけ遊んで一緒に時間を過ごしている子どもは、異なる年齢の子どもたちとのグループで時間を過ごしている子どもに比べて、成長する機会が少ないと言われています。

そんな変化している子ども社会の中で、1つの対策として、縦割り保育(異年齢保育)を取り入れている保育園や幼稚園が、ここ最近増えてきています。縦割り保育とは、異なる年齢の子どもを一緒に保育することです。

この縦割り保育にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。そんな縦割り保育(異年齢保育)について紹介したいと思います。

縦割り保育とは?

保育園

縦割り保育とは、年齢ごとに、0歳児クラス、1歳児クラス、2歳児クラス…といったようにクラス編成する横割り保育とは違って、年齢でクラスを分けるのではなく、さまざまな年齢の子どもを一緒に保育することを指します。異なる年齢の子どもを一緒に保育するので、異年齢保育や混合保育とも呼ばれることがあります。

一般的には、保育園や幼稚園では、子どもの年齢によって、年長クラス、年中クラス、年少クラスなどといった形でクラス分けをします。しかし、近年は少子化が進んでいるので、異なる年齢の子どもと遊ぶ機会や、接する機会さえ減ってきていることから、縦割り保育で異なる年齢の子どもと触れ合う機会を作るようにしている保育園や幼稚園が増えてきているのです。

縦割り保育を導入している保育施設の中には、毎日縦割り保育を行なっているところもあれば、1週間の中で、何日かを縦割り保育にしているというところもあります。

それぞれの年齢の子どもを同じくらいの割合で集めてグループやクラスに分けるというパターンもあれば、0~2歳児と3~6歳児という大きなグループにわけるパターン、園全体でクラスやグループを分けることなく保育を行なうパターンなど、やり方もさまざまです。

また普段は年齢によってクラス分けされているところでも、土曜日や預かり保育や延長保育の時だけ縦割り保育を取り入れている保育施設もあるようです。

では、縦割り保育の目的やねらいはなんでしょうか?

縦割り保育、何のために?

保育園

以前は、家庭の中で兄弟姉妹が関わり合い、近所の子ども同士が遊ぶ機会というものがたくさんありました。

そのような中で、年上の子どもが年下の子どもを面倒見たり、いたわったり、また年下の子どもは年上の子どもに憧れて真似をしたりというように、人との関わり方を自然に身に着けることのできる機会も多かったのではないでしょうか?

年齢の異なる子供たちが遊んでいる時には、みんなが楽しく遊ぶことができるように、自然にルールができたり、役割や分担が生まれるものです。年下の子どもは年上の子どもの様子からルールや役割を学び、年上の子どもは年下の子どもをお世話しながら遊ぶというようなルールです。

そして異年齢の子どもたちの関わりが続いていくと、だれもが成長と共に、自然とお世話される側からお世話する側になるという体験をすることができるのです。自分よりも年上の子どもの様子を見て、そして接して学びながら、ゆっくりと流れの中で人との関わり方を学ぶというわけです。

人と関わり、コミュニケーションをとることによって、自分の思っていることを伝えようとしたり、友達の言葉に耳を傾けることの大切さを学んだりして、人との関わり方は身についていくものですが、その機会を持つことができないという現代の状況は子どもにとっても残念なことです。

色々な年齢、色々な人とたくさん関わることで、人と関わる力というものが育まれるものです。

そして、身近にいる人から学んだことで、色々な事への意欲や好奇心を高めることもできるのです。子どもの時に育まれてたそのような人と関わるための力は、その先の人生の中に大きな影響を与えるものになる場合もあります。

人との関わりだけではなく、少子化が進んでいる現代、このような異なる年齢の子ども同士で遊ぶ機会が減っています。縦割り保育を行なって、年齢の異なる子ども同士が交流することによって、人間関係の築き方や、集団社会でのルールや役割分担をゆっくりと身に着けることのできる場になるでしょう。

縦割り保育のメリットとは?

メリットとデメリット

縦割り保育には、異なる年齢の子どもと一緒に過ごすことによって、さまざまな刺激を受けられるというメリットがあるのです。

子どもたちはお互いから学び合います。年下の子どもは、年上の子どもの活動の仕方を見て学び、憧れを抱きます。

年上の子どもは、年下の子どもをお世話し、教えることによって自信を持つことができ、思いやりの心を育てます。子どもたちは、このような関わりを通して、人との関わりの楽しさを知ったり、社会性と協調性を自ら学んで、子どもたちの中で小さな社会を築き上げていくのです。

年上の子どもにとってのメリットとはどんなものでしょうか。

異なる年齢の子どもの中で、年上の子どもには、自然に年下の子どもに自分のできることを教えてあげたり、年下の子どもを危険な事から守ったりします。年下の子どもを指導したり、リーダー的な役割を果たしたりすることで、年上の子どもの中に責任感が芽生えて、社会性を身に着けることができるのです。

それに、年下の子どもをお世話している姿を大人から褒められることによって、自尊心や満足感を持つことができ、自信に繋がることにもなります。

また、年下の子どもを指導するためには、年下の子どもが分かってくれるように分かりやすい言葉で伝える必要があります。そのため、自分の気持ちや意見をしっかりと言葉で伝える力というのも身に着けることができるでしょう。

では年下の子どもにとってのメリットは何でしょうか。年下の子どもは、年上の子どもの様子から刺激を受けることができます。年下の子どもにとって、年上の子どもは憧れの存在と言えます。年上の子どもがしていることを間近で観察することができるので、色々な事に挑戦してみようという気持ちが生まれたり、色々な事に興味や関心を持つことができたりするのです。

また日々年上の子どもの様子に接する中で、自分が成長していった時に、どのように年下の子どもに接することができるか、どう接するのが良いかを学ぶことができます。このように実際に学んだことを成長につれて、自然に年下の子どもを優しくお世話することができるようになるのです。

縦割り保育のメリットには、生まれた時期による成長の差が出にくいという点もあります。

年齢で区切られた保育では、月齢の違いによる発達の差が出やすいものです。早生まれの子どもたちは、クラスの他の子どもに比べてできないことが多く、コンプレックスを抱いてしまうかもしれません。逆に4~6月生まれの子どもたちは、クラスでの活動が物足りなく感じてしまう事があるかもしれません。

子どもの頃のその数か月の違いは、大きな違いになってしまうものです。

しかし一方で、縦割り保育なら、発達段階の近い子どもと一緒に過ごす事ができるので、成長の差が出にくいのです。生活リズムが月齢で大きく違う乳児期は、早生まれの子どもは下の学年の子どもと一緒に保育されることも珍しくなく、乳児期にあっても、生まれた時期による有利も不利も生じるということが少ないと言えます。

このように縦割り保育のメリットを見ていくとたくさんあります。

一般的な社会と同じように、年齢が混ざった中で生活できるということ。年上の子どもの行っていることが間近で見られ、好奇心を持ち意欲が出るようになるということ。年上の子どもに面倒を見てもらえて、楽しく指導してもらえるということ。年下の子どもとの関わりが上手になるということ。

問題を解決する能力を向上させることができるということ。早生まれなどの生まれの差による成長の差が関係ないということ。など、たくさんのメリットがあります。

縦割り保育のデメリット

保育園

縦割り保育には異なる年齢の子ども同士が一緒に保育されることによる沢山のメリットがあるものの、保育者の負担が大きくなるのも現状のようです。また、子どもによっては縦割り保育がストレスに感じることもあるようです。

縦割り保育で注意すべき点として、保育の安全性の確保への配慮が必要といえます。縦割り保育では、年齢が同じ子どもたちを保育する場合に比べて、危険が伴うことがあります。例えば、外で遊ぶときにも、年上の子どもと年下の子どもではできることが異なるので、それぞれの安全に気を配る必要があります。

年上の子どもが年下の子どもをお世話してあげる時にも注意が必要になります。年上の子どもが、赤ちゃんを抱っこしてあげようとするときには、転落や転倒の危険もありますので、年上の子どもが年下の子どもをお世話する様子を保育士はしっかり見守る必要があります。

また縦割り保育は、異なる年齢の子どもの保育になるわけですから、年上の子どもも年下の子どもも楽しめるように工夫することが必要になります。年齢の異なる子どもを一緒に保育するということは、発達段階の違う子供を一緒に保育するということなのです。発達段階が違うとなると、行動のペースも異なってきますし、もちろん理解力の点でも異なってくるわけです。

年下の子どもに合わせた保育を行なうと、年上の子どもにとっては物足りなく感じることもあるかもしれません。年下の子どもが、年上の子どもの遊びにうまく入ってこれないこともあるかもしれません。大きな子どもも小さな子どももみんなが楽しめる保育を行なうには、保育内容への工夫が必要になります。

発達段階によって子どもたちのできることが異なるため、せっかく縦割り保育を行なっていても、同じ年齢の子どもが自然と集まってしまうということも多いようです。それぞれの年齢の子どもが一緒になって遊ぶことができるように、保育士が導いてあげることが必要になることもあるかもしれません。

縦割り保育によって子どもがストレスを感じてしまうこともあるようです。縦割り保育では、年上の子どもにいじわるされてしまう、年下の子どもに自分の使っているおもちゃを取られてしまう、というような子ども同士のトラブルが増える傾向もあるのです。

このような子ども同士のかかわりは、縦割り保育の魅力の一つであるとも言えますが、家庭の中で年齢の異なる子どもに接していない子どもにとっては、このような状況がストレスになってしまう場合もあるのです。子どもがイライラしている様子が観察されたなら、保育士や家庭でのフォローが大切になってきます。

このように縦割り保育には、たくさんのメリットもありますが、デメリットもあります。それには、子どもが子どもをお世話してあげる状況ゆえに危険が伴うこともあるということ、年齢に合う行き届いた教育をすることができないということ、子どもにとってストレスを感じさせてしまう環境になってしまうということ等があげられるのです。

どのような保育を望み、どのような保育園に子どもを託すかは、このようなメリットデメリットをしっかり考慮したうえで、決定することをおススメします。

縦割り保育での子どもたちの遊びはどんなもの?

遊ぶ子ども

縦割り保育では、異なる年齢の子どもたちはどのようにして遊ぶのでしょうか。縦割り保育を取り入れている保育施設の方針や、子どもの年齢によって遊び方は異なりますが、縦割り保育の保育園や幼稚園で多く行われている遊びにはこのようなものがあるようです。

ままごとやお店屋さんごっこ、保育園ごっこなどといった、ごっこ遊び。みんなでお絵かきをしたり、何かを製作する遊び。鬼ごっこ。はないちもんめ、かごめかごめ、あわぶくたったなどの伝承の遊びなどで、子どもたちは遊んでいるようです。

また、縦割り保育を取り入れている保育施設では、年上の子どもが年下の子どもと手をつないでお散歩に出かけるということもあるようです。お散歩しながら、年上の子どもが年下の子どもに交通ルールを教えてあげたり、疲れた時に励ましてあげたりする光景も目にすることができるでしょう。

縦割り保育を行なう保育園に子どもを通わせている方の声

遊ぶ子ども

0歳から6歳までの子どもが同じ部屋で過ごす縦割り保育を導入している保育園に子どもを通わせておられる方の体験談です。

1歳児で子供が入園した時には、3月生まれだったため、下の学年の0歳児の子どもと一緒に過ごしていたようです。

この時期は、同じ1歳児でも4月~6月生まれの子どもたちとは、同じ年とは思えないほどの発達の段階が異なるようです。同じ学年の子どもたちではなく0歳児と一緒に過ごす事によって、お昼寝のリズムや散歩のペースなども無理なく、早生まれということを心配する必要はなかったようです。

また赤ちゃん時代には、年上のお兄ちゃんお姉ちゃんにとても可愛がってもらえていました。子どもをお迎えに行くたびに、年上の子どもたちから、自分の子どもが今日できた事や、しゃべったことなど、お兄ちゃんやお姉ちゃんが、自分の子どもの保育園での成長を教えてくれたりして、嬉しくなったこともたくさんあります。

赤ちゃんの時にこのように年上のお兄ちゃんおねえちゃんから可愛がってもらった体験から、5歳になったころには、保育園でも赤ちゃんのお世話をよくしているようでした。小さな赤ちゃんと遊んであげていたり、優しい声をかけてあげていたりする様子を見ると、親の目から見ても嬉しいですし感心しています。

このように異なる年齢の子ども同士で過ごす事で、年下の子どもに思いやりを持つことができるだけではなくて、自分の気持ちを言葉で表現して伝えるという力もつくように感じたようです。色々な子どもと一緒に過ごすからこそ、相手の気持ちも自分の気持ちも大切に出来るようになるのかもしれないと感じられたようです。

実際に縦割り保育に子どもを通わせておられる方のコメントを考えると、縦割り保育の良さというものが伝わってきます。

まとめ

縦割り保育による異なる年齢の子どもたちの関わりについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?最近は子どもたちの間のいじめの問題や、人とうまく関われないことを心配している保護者の方が多いようです。幼い時から、人の違いを受け入れる、相手の立場になって人を思いやる、友達を好きになる心を育てていくことは大切です。

大人ができることには、子どもたちにそのような環境を作ってあげることも含まれるでしょう。

状況ゆえに異なる年齢の子どもと接する機会が少ない現代、意識してことねる年齢の子どもと遊べる環境を作ってあげることによって、子どもの成長が変わってくるかもしれません。

子どもをどんな保育園に預けるか考える際に、縦割り保育がどのようなものかを知っていただき、ぜひ検討する際に参考にしてみてくださいね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事