群馬の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

群馬の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

今回は群馬の保育士事情について、群馬で働くことのメリットなども含めながら調査してみたいと思います。更に、群馬での就職や転職先を探している人が利用できる、オススメの転職サイトと転職エージェントについてもご紹介していきます。

群馬の保育士事情とおすすめの転職サイトと転職エージェント

高崎市

平成27年度の国税調査によると、群馬県の人口は約197万人です。全国では第19位でした。

そのうち、男性の人口が約97万3千人だったのに対して、女性の人口が10万人を超えています。群馬県では女性の人口が男性よりもなんと2万6千人以上も馬話待っているんですね。

世帯数でいうと、約77万世帯となっています。これは、平成22年の調査で分かったデータよりも2.3%の増加となりました。

しかし、子どもの数は減っているようです。同じ国税調査の結果によると、平成22年の時点で0歳~4歳の子どもの数は83429人でしたが、平成27年には74051人ということで、約11.2%の減少となっています。

では、そんな群馬県での保育事情はどうなっているのでしょうか?都心では待機児童問題や保育士不足という問題が深刻となっていますが、群馬県内でも同じような問題があるのでしょうか??

さらに、群馬県が取り組んでいる保育士の処遇改善や保育士が働きやすい環境確保のための取り組みがあるのか、そして平均的な年収など、保育士さんたちの労働環境についてもいろいろと調査してみたいと思います。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

群馬県の保育事情

高崎市

群馬県では、「ぐんまの子どもの未来を支える~子育て支援・少子化対策~」というものがなされています。子どもたちの成長に合わせて一体的な取り組みを推進するというものです。

その中で、幼児期の子どもたちを支援するための取り組みとして、認定こども園移行支援などもおこなされていました。幼稚園や保育所などが認定こども園として移行するための必要な整備の補助などを行ったり、移行に関して説明会なども開かれているようです。それで、県内でも認定こども園が増えている、ということですね。

さらに、第3子以降3歳未満児保育料免除事業とか、放課後児童クラブひとり親家庭利用料の補助などもあったりします。

日本では平成29年の4月1日の時点で、待機児童が全体で26000人以上いるという事がわかっています。特に、都心ではそのような保育所などに入りたいけど、入れないという子どもたちが多く、その保護者も復職できなかったりと問題となっています。

現代日本では、女性の社会進出や、出産後にすぐに復職を希望する人たちが増えているという事、さらに核家族化や経済的なことで、共働き世帯が増えています。それで、全体として少子化といわれているくらい、子どもの数は減っているのですが、保育所などの子どもたちを預ける安全な場所へのニーズはどんどんと高まっている状態です。

それで、地域のニーズに合わせて保育所などがさらに新設されたり、あるいは既存の施設の受け入れ枠を拡大する動きが活発になっていて、平成28年から平成29年までの一年間で保育所の定員数はんあんと10万人も増加しています。そのような中でもまだ待機児童が増えている、という事で、やはり子どもたちを安全に預かってくれる施設や園へのニーズがかなり高まり、緊急な対策が必要となっていることがわかりますね。

でも、待機児童の問題は都市部だけのもの、という印象が強いと思います。では、実際に群馬県内ではどうなっているのでしょうか??

群馬県では、平成22年の時点で保育所入所待機児童は4月1日の時点で58人、10月1日の時点で100人いました。しかし、その翌年にはその数は半分以下になっています。平成23年の4月1日には10人、10月1日の時点では48人でした。

そして、平成26年の4月1日には、とうとう保育所入所待機児童数”ゼロ”を達成しています!10月1日には56人という事でしたが、その翌年も4月の時点では”ゼロ”を記録し、平成28年は5人、そして平成29年には2人という結果になっていました。その2人は、玉村町でのことです。

このように、群馬県内では現在ほとんど待機児童問題は見られていません。しかし、数字に表れていない、隠れ待機児童がいるかもしれません。ただ、全体としては入所希望している児童の数に対応できる保育所の定員数が整っている、という状態みたいです。

というのも、平成26年のまでの保育所の定員数(認可保育所の定員)は42422人でした。しかし、平成27年になると認可保育園、認定こども園、地域型保育事業も含めて、定員数は44849人となり、平成28年にはその数がさらに増加し、46072人となっています。平成29年には前年からさらに722人が増加して46794人という事です。

それで、群馬県ではここ数年でかなりの数の定員数を増やしてきた、といことがわかります。

言うまでもなく、待機児童を解消するために、保育所などの定員数を増やすということは、それだけ保育の担い手である保育士の存在が必要となるということです。これがもう一つの大きな課題となっています。

保育所などの施設が整備されるとしても、保育士が確保できないということで、実際に定員数の子どもを受け入れることができないという施設もあるからです。それで、よく待機児童問題が大きくなっているところでは、とにかく保育士を確保するために、保育士争奪戦ともいえる、各自治体の人材確保のための取り組みがなされていたりもします。

群馬県の保育士の有効求人倍率

保育園・保育士・子ども

群馬県でも、ここ数年でかなりの数の保育所の定員数が拡大してきたことがわかりました。県としても、保育所や幼稚園の認定こども園への移行を進めてきたという事もわかりますね。

では、そんな施設が整備されている中で、保育士という保育を実際に担う人材は確保できているのでしょうか?別の言い方をすれば、つまり保育士の需要はどのくらいあるのでしょうか?

保育士としては、保育士の需要が高ければ高いほど、転職が有利になったり、求人がいっぱいあればあるほど、自分の希望や条件に合った職場を見つけやすいという事になります。

その保育士の需要の大きさを知るために、最近の群馬県の保育士の有効求人倍率を調べていたいと思います。

有効求人倍率というのは、求人の数を応募者つまり求職者の数で割ったものとなります。それで、もし100件の求人があって、そこに200人が応募したとなると、有効求人倍率は0.5倍という事になります。これはつまり、求職者の数に対して求人数が足りないということになってしまい、求職者からすると不利な状況という事です。

逆に、有効求人倍率が1倍を超えている場合、求職者1人に対して、求人が1件以上あるということになり、つまりは人手不足ということなのですが、求職者にとっては就職、転職がしやすいという事になります。

保育士は全国的に不足していることは有名で、国としても保育士の確保ためにいろいろな政策を行ってきました。民間の保育所で働く保育士の給与をアップしたり、保育士資格は持っているけど、現在保育士として働いていない潜在保育士が職場復帰するための研修を行うなどの復帰のサポートを行っています。

しかし、以前として保育士という貴重な人材はまだまだ足りていないという実情があります。全国の保育士の有効求人倍率は平成26年の10月の時点では1・5倍でしたが、翌年の平成27年の10月の時点では1・93倍となりました。

それも、東京都ではなんとその数字は5倍を超えるものとなり、保育士不足が深刻なものであるという事が明らかになっています。保育士の有効求人倍率は毎年1月がピークとなります。それで、全国的にも12月~2月の間では、2倍を超えている状態です。

では、群馬ではどうかというと、平成26年の10月の時点では0.69倍、そして平成27年の10月の時点では0.92倍という事でした。

数字は増えていますけど、全国と比べるとかなり低い水準になっています。というよりも、求職中の保育士の数よりも、求人の数の方が少ないという、全国的にも珍しい状況です。それで、群馬県内での保育士の需要というのは、それほど大きくはなかった、という事でした。

しかし、平成28年になると、その倍率は1.25倍にもなりました。つまり、求職者よりも求人の数が多くなった、という事です。

有効求人倍率が1倍というのは、一番バランスがいい状態で、求職者1人に対して求人が1件以上ある、ということなので、群馬県内で保育士さんが職を見つけるのが大変という事はないでしょう。しかし、転職が簡単にできる、いつでも自分の希望に合った求人がすぐに見つかるか、というとそうでもないかもしれません。

東京都や、他の有効求人倍率が2倍や3倍を超えているところでは、いつでも転職が簡単にできるほか、転職の回数が多いとしてもそれほど不利になることはないかもしれません。しかし群馬県内では、それに比べれば、こだわりや条件を付けすぎると転職が難しくなることもあるかもしれません。

それで、転職をしたいというときには、より慎重になる必要があるかもしれません。 しかし、有効求人倍率が1倍以上ということで、つまりは売り手市場です。保育士のほうが職場を選べる状態です。それで、保育士さんたちにとっては就職も転職も有利である、という事は間違いないでしょう。

保育士を目指す人が利用できる支援制度

楽しそうな子ども

群馬県では、保育人材の確保や保育従事者の定着を支援することを目的とした、支援制度を設けています。

それが、保育士修学資金貸付事業です。これは、保育士養成施設に入学を希望する人の修学を容易にして、保育士の養成と確保、そして定着を目指すものです。

貸付金額としては、修学資金として月額5万円(2年間)、入学準備金として20万円、就職準備金として20万円が受けられます。もし、卒業後に保育士登録をして1年以内に県内で保育施設等で働き、5年間業務に従事した場合には返還が免除となります。条件などについて詳しくは、群馬県社会福祉協議会の福祉資金課などに問い合わせることができるでしょう。

群馬県での保育士の求人傾向

群馬県内でも保育士の有効求人倍率は1倍を超えている、ということで保育士の需要はまだまだある、という事がよくわかりました。では、実際の求人の傾向としてはどんな感じなのでしょうか?

2017年の時点で、群馬県には認可保育所が330か所あるという事がわかっています。特に前橋市と高崎市では人口も多いですので、保育施設が集中しています。

そして、保育園や幼稚園が認定こども園になっていることも多く、2017年の時点は認定こども園は159か所ありました。2015年のある時点では、認定こども園は14施設しかなかった、という事なので、数年でかなり増加したことがわかりますね。

それで、平成27年の時点では群馬県内で働いている保育士は3330人いたようですが、そのうち保育所に勤務している人が3325人で、認定こども園で働いている人が5人ということで、かなり少なかったのですが、この数はかなり増加している者と思われます。

保育のお仕事」という保育士と幼稚園教諭専門の就職・転職支援サービスのサイトを見ると、そこに掲載されている求人データでは、保育園での平均月給は約15~16万円、そして認定こども園では約16万円だそうです。

雇用形態で考えると、正社員としての求人では平均月収は16~17万円、そしてパートやアルバイト、契約社員として働くとなると約15万円くらいになるそうです。時給にすると900円~1000円くらいが多いですね。

群馬県の保育士の平均年収

給料

保育士を目指している方にとって、さらに保育士として群馬県内でのお仕事を考え中の人にとって、やはり気になるのはお給料ですよね。保育士の給与は、全職種と比べても低いという事が問題となっているので、やはり群馬県ではどのくらいのお給料がもらえるのか確認したいところです。

それで、群馬県で保育士として働いている方の平均年収を調べてみました。

平成29年の群馬県の保育士の平均年収は342,2万円です。月収になると平均が21,8万円。そして平均賞与が80.3万円です。

これは、全国平均的な数字といえます。全国平均は同じ年で342.1万円でした。月収にすると、全国は22.9万円が平均で群馬よりも少し高いのですが、年間賞与が群馬県はよかったようで、全国平均の66.2万円よりも高い結果になっています。群馬県は、これまでも給与面では全国平均を上回る年もあったりと悪くない状況です。

そして、注目できるのは勤続年数ですが、全国的に7.7年なのに対して、群馬県では9.0年と長く続けている人が多いという事がわかりました。それも、労働時間は全国平均の171時間よりも短く168時間となっていますから、労働環境も悪くないようですね。

まあ、これは平均的なものなので、施設や園によって違いますから、やはり就職や転職を考えている方は、その施設や園の制度や給与条件などを確認しましょう。

それで、就職や転職を考えている方は、まずはどのような求人があるのかということを、できるだけ多く情報収集したいと思う事でしょう。それで、群馬県で働くことを希望する保育士さんたちにおすすめの、転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

地域や条件などを絞り込んで求人情報を見ることができるサイトです。こちらは、保育園や幼稚園で働く人専門の転職支援サービスとなっています。

自分でウェブ上で希望に合った求人を検索することもできますし、登録すると求人情報に精通しているキャリアアドバイザーによるサポートを無料で受けることができます。サポートの中には面接のセッティングや就業条件の交渉などもあります。転職が初めての人も、このようなサービスがあるので安心です。

保育のお仕事ってどう?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

「保育のお仕事」は人材派遣会社と職業紹介の両方を行っています。人材紹介の場合は、保育園や施設の紹介、面接や履歴書、職務経歴書など転職活動に必要なことを専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。実際のところはどうなのでしょうか?今回は保育のお仕事の特徴やみんなの評判をチェックしてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

保育士バンクも、保育さん専門の就職・転職支援サービスを提供しています。保育園や幼稚園の求人件数は業界トップクラスなので群馬県での求人もたくさん見つけることができるでしょう。

転職コンサルタントがいて、あなたの希望などを聞いてピッタリの求人を紹介してくれたり、面接の連絡などのサポートや転職時期や雇用条件の交渉などもしてくれます。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむは保育に関連する仕事・職場に関する転職や仕事探しをサポートしてくれる転職サービスです。非開会求人やレア求人もたくさんあります!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です
特徴 会員登録すると非公開求人の閲覧や、園の実名や動画が閲覧できます。また、求人案件数最大級なので、正社員や派遣など就業形態も様々あります!保育に特化したキャリアコンサルタントがお手伝いしてくれるので安心です!

保育専門のキャリアコンサルタントがサポートしてくれる、北く専門の求人サイトです。完全無料で保育の資格を活かして働きたい人なら、誰でも簡単に登録できます。

非公開求人が見れたり、園の雰囲気などもしっかりと伝えてくれます。仕事探しで不安になるのが、やはり入ってみないとわからない職場の人間関係とか雰囲気だったり休暇が取れるかなどのことかもしれません。その点も実際の園の様子を体験して定期的にインタビューを行っている担当者から生の声をきけるようです。

そして、お仕事の説明会や登録会なども日本全国で開催していて、就業中の保育士さんに話をきいたり、キャリアコンサルタントに希望などを相談することができるようです。

保育情報どっとこむって?みんなの評判や口コミからメリットやデメリットを知ろう!

保育士の方で資格を活かして仕事をしたい方は派遣会社アスカグループが運営している、「保育情報どっとこむ」があります。アスカグループでは保育求人では業界最大級をうたっており、全国の拠点ネットワークを使って、豊富な保育求人案件を集めています。実際のところはどうなのでしょうか?

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%A9%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%80%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%84%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事