きっちり知ろう!認可保育園と無認可保育園の違いって??

きっちり知ろう!認可保育園と無認可保育園の違いって??

一言で保育園と言っても、いろいろな種類があります。その中でよく聞く「許可保育園」と「無許可保育園」とはどのような違いがあるのでしょうか?今回は保育士さんが就職や転職する際に、どっちの保育園がいいのかそれぞれのメリットとデメリットと共に紹介します!

認可保育園と無認可保育園の違いとは?

保育園

一言で保育園と言っても、いろいろな種類があります。その中でよく聞く「許可保育園」と「無許可保育園」とはどのような違いがあるのでしょうか?

国から認められているから許可保育園で国から認められていないから無許可保育園…ただそれだけの違いなのでしょうか?

そもそもの違いと、保育士が就職するにはどっちの保育園がいいのかそれぞれのメリットとデメリットと共に書いていこうと思います。自分にはどっちの保育園で働くことが合っているかじっくり考えながら読んでくださいね。

まずは許可保育園とは何か?を詳しくみていきましょう。

「許可保育園」とは?

簡単に言えば、許可保育園とは国が許可している保育所のことです。公立保育園と私立保育園という二つの保育所があります。公立保育園は自治体が、私立保育園は社会福祉法人、NPO 法人、株式会社などが経営しています。

公立許可保育園と私立許可保育園の割合は現在で2対3くらいですが、自治体で公立園の民営化が進んでいる為に、私立保育園の数が増えると予想されています。働くのに、公立許可保育園がいいのか、私立許可保育園がいいのかはもう少し後で考えることにします。

保育所の設置基準を国が定めていて、その基準をクリアできている施設が許可保育園となります。

例えば、国が定めている許可基準は保育士1人に対して児童数が、0歳児3人、1歳から2歳児6人、3歳児20人、4歳児30人となっています。しかし、1つの保育所に対して保育士を常に2人以上配置しておかなければなりません。

しかし、これは最低ラインです。これでは、人手が足りませんし、一人一人をきちんと見るということは現実的に難しくなってきてしまいます。その為に、保育現場の多くは保育補助、フリーの保育士を雇ったりしているようです。

また、必要な設備としては0歳1歳を入所させる場合には乳児室が1人に対して1.65㎡以上、ほふく室は3.3㎡以上必要となります。2歳児以上を入所させる場合には保育室、遊戯室の面積が1人に対して1.98㎡なければいけません。

調理室の有無に加えて、給食を委託するのではなく保育園で作るのなら調理員も必要となります。野外遊技場の広さ、防火や避難経路が基準を満たしているかなど、開所時間に関しても1日につき11時間で保育時間は1日8時間が原則とされています。また、保育内容なども細かく規定されています。

許可されたらどうなるのでしょうか?許可が下りると、補助金が国から受け取れることになります。補助金を得ることで、安定した運営にすることができますし、保育士の給料にも反映されていきます。そうした面で、許可保育園は待遇が良いと言えるかもしれませんね。

許可保育園に入所できる人も限られています。入園については各市町村の自治体が行なっているので、申し込む時には各自治体に申し込む事となります。申し込みには、保護者の勤務状況、家庭状況が保育に欠ける状態であることが条件で、その確認の申立書というものを提出する必要があります。

例えば、日中に仕事をしている、1日の就労時間が日中4時間以上、就労日数が日曜祭日を除いて1ヶ月に15日以上、出産前後、怪我や病気の為に保育できない、病気や障害のある人を介護している、介護の日数が1ヶ月に15日以上一日中4時間以上ある、災害で自宅保育できない…などあります。こうした条件は自治体などによっても多少違いますが基本的には同じです。

また、祖父母が同居していたとしても、祖父母の健康状態や年齢などによって入園を申し込む事もできるようです。

では、公立の許可保育園と私立の許可保育園、どちらがいいのしょうか?

公立の許可保育園と私立の許可保育園で働くメリットとデメリットについて

メリット・デメリット

まずは公立の許可保育園で働くメリットとデメリットについて考えていきましょう。

メリット:なんと言っても、給料や待遇が良いことです。入職したばかりでは私立保育園との違いはありませんが、公立保育園で働く保育士というのは公務員なので、年々給料は上がっていきます。また、育休、産休などの福利厚生もあるので安定性があります。

また、一般企業で勤める場合、年金は基礎年金と厚生年金です。しかし、公務員はその他に退職共済年金というものがあります。ですから、退職した後も安心ですね。その他にも人員配置には私立保育園よりも余裕があるようなので、勤務時間、仕事量は私立保育園の保育士よりは少ないかもしれません。

そのため、休憩もしっかりととることができます。

デメリット: 高収入で高待遇の公立の保育士ですから、当然人気の高い職種となっています。募集が出されると何倍もの人が応募し、時には10倍の確率のところもあるようです。しかも、最近では正規職員の数が減らされて、臨時職員の数を増やしているようです。

また、公立保育園の民営化も進んでいるそうなので、公務員保育士になる道は狭き門となっています。

採用試験も難しく合格率も少ないです。例えば平成27年公務員保育士採用試験の試験結果によると倍率が一番高かった川崎市では、受験者は82人いましたが一時合格者は13人で最終的に残ったのは4人という結果だったようです。ですから、20.5倍の倍率だったことがわかります。他にも、立川市では77人の受験者のうち一時合格者は28人、最終合格者は4人ですから、ここも倍率は19.3とかなり高い倍率となっています。

就職試験には年齢制限がある所がほとんどですので注意が必要です。自治体によって年齢制限は異なりますが30歳というところがほとんどで、時々35歳までというところもあります。

また、公立保育園で働く保育士は先ほども述べたように、公務員なので転勤や異動があります。別の保育園へと異動の場合もありますが、時に保育園ではないところへの異動ということもあります。例えば児童福祉施設などです。自治体内での転勤や異動なので遠くに行くということはないかもしれませんが、こうしたこともあり得るということを念頭に置いておく必要があります。

次に私立許可保育園のメリットとデメリットについて考えます。

メリット:保育園ごとに待遇や給料などに大きな差があるので、保育園によっては即給料アップになることもあります。中には能力や経験に応じて給料を高く支給するというところもありますから、能力や経験がある私立の保育士が公務員保育士よりも給料が高いということもあり得ます。

私立許可保育園は公立許可保育園と違って、保育方針はそれぞれの園によって違います。ですから、自分の理想に近い保育方針の保育園を選ぶことができます。

また、公立の保育園は保守的なところも多く、新しいことを取り入れるというよりは今までしてきたことをずっと続けるというような傾向があるのに対して、私立の保育園は独自性や個性を出すために新しい試みやサービスを取り入れていくことが多いようです。

ですから、自分がやりたいこと、保育園をさらに良くしていう上で、どんどん意見を出せるやりがいのある職場なのは魅力ですね。そうすることで、自分に合った保育園となり一生の職場にもなることもあり得ます。

デメリット:条件の良い保育園は人気があるので求人がすぐに埋まってしまいます。応募しようと思ったら、すぐに締め切られてしまったなどもしばしばあります。

公立許可保育園より待遇や給料面で劣るので、やはり安定性といった点では多少の不安が残るかもしれません。

こうした公立許可保育園と私立許可保育園それぞれのメリット、デメリットを考えることができました。よく考えて、自分にはどちらが向いているか決めていきましょう。

次に「無許可保育園」についても考えてみましょう。まずは、無許可保育園とは何かを考えてみたいと思います。

「無許可保育園」とは?

無認可

中には「無許可」と付いているゆえに、劣悪環境での保育をしているのではないか?と誤解される方もいます。

しかし、無許可だから何でもありというわけではなく、6人以上の子供を保育する施設は年に1度は必ず行政による立ち入り調査を受けなければならないので、保育環境が悪いような保育園にはきちんと行政による指導が入っています。ですから、心配や不安はいりません。

では、無許可保育園とは何でしょうか?

無認可保育園というのは正式には認可外保育施設と呼ばれています。この「許可街保育施設」というのは児童福祉法に基づく都道府県知事の許可を受けていない施設のことです。

このうち、夜8時以降の保育、宿泊を伴う保育、一時預かりの子供が利用児童の半数以上、のどれかを常時運営している施設については「ベビーホテル」になります。

許可保育園との大きな違いというのは基本的には国からの補助金が受けられないということです。自治体によっては「許可外保育所通園児童助成金」という制度を設けていて、月に9,000円から3万円ほどの補助を行う自治体もあるようです。

こうした、助成金のない中で保育園が赤字にならないように保育料を設定したり、保育士に給料を払ったり、その上で安定した園児数を常に確保しなければいけないので、運営して側にとっては大変です。

こうした運営面の大変さのために厚生労働省は近年、許可基準緩和に向けて動いています。そのために、許可外保育施設の数は減ってきているようです。

無許可保育園の中には大きく分けると2つの種類があります。「設備などの基準を満たすことができなくて許可を受ける事のできない保育園」と「許可を受けることのできる設備などは揃っているが、あえて許可を受けない保育園」です。

基準を満たすことができなくて無許可保育園になることは仕方がないですが、基準を満たしているのに、なぜあえて無許可保育園なのでしょうか?

それは、規制が緩いからです。規制がゆるいということは利用者に必要なサービスを利用者に合わせて提供していくことができるということです。

例えば、小規模でアットホームな雰囲気の中で手厚い保育をしていくことで人気の保育園や、インターナショナルプリスクールを展開して、小さい頃から英語に親しめるようにしている保育園、スポーツやアートなどに力を入れている保育園などオリジナリティーのある保育をするところもあります。

そうした保育園は職員を大切にしていたり、給料が高かったりと待遇が良いところが沢山あります。

また、許可保育園は保護者の就労や疾患など保育に欠ける子供しか入園できませんが、無許可保育園ではどの子供であっても入園できます。その為、保育に欠けることを証明するために無許可保育園に子供を預けて保護者は働き、許可保育園の入園が可能になるまで待つという家庭も多いようです。

ですから、許可保育園に入園できなかった子が無許可保育園に殺到したり、許可保育園への入園が可能になると退園したりする子が多いので、園児の入れ替わりが激しく、その度にアレルギーなどを把握する必要があるため無許可保育園で働く保育士は許可保育園で働く保育士よりも大変という事があるかもしれません。

こうしたことは全ての保育園に起こるというわけではありませんが、こうしたデメリットもあるということを考慮しておく必要がありますね。

無許可保育園はなんとなく保育環境が悪いというイメージがありますが、なぜそうしたイメージがあるのかについてもかんがえましょう。

無許可保育園は保育環境が悪いというイメージがなぜあるのか?

好印象・悪印象

なんとなく、許可保育園よりも無許可保育園の方が保育環境が悪いというイメージを持たれている人が多いと思います。

その一つには内閣府が出した「保育所で保育中に起きた死亡事故の件数」というものによるのかもしれません。

許可保育所で起きた死亡事故をまとめてみると、平成26年度は5件、平成27年度は2件、平成28年度は5件なのに対して、許可外保育施設でへ平成26年度は12件、平成27年度は10件、平成28年度は7件と、許可保育所より許可外保育施設での死亡事故が約2倍となっています。

許可保育所の園児数は許可外保育施設の約14倍ですから、死亡事故率に置き換えると約30から40倍になりますので、決して少ない数字とは言えませんね。

たしかに中には安全管理に欠けている園はあると思います。しかし、全ての無許可保育園がそうであるというわけではありません。

安全管理をしっかりして、園児たちをしっかりと守ってい園もたくさんありますから、無許可保育園で働く時にはこうした安全面がどうなっているのかを踏まえつつ求人に応募するようにしてください。

最近の新しいシステムとして「認証保育」という保育の仕方も出てきています。どういったものなのか見ていきましょう。

「認証保育」とは?

認可

許可保育園、無許可保育園というのはどんなものかわからなくても何となく言葉は聞いたことのあると言う方が多いと思います。しかし、認証保育という言葉を聞いたことのある人はあまり多くないかもしれませんね。

どのような保育の事をいうのでしょうか?

これは、2001年から東京都が独自に創設した認証保育制度のことです。大都市ならではの保育ニーズに応えるべく作られました。

大都市ならではのニーズというのは、送迎が便利な場所に保育園が欲しい、急な残業にも柔軟な対応をして欲しい、、自治体などの行政に認められている保育園に預けたい…などです。こうした声の結果、認証保育がスタートしました。

細かい指定はありますが、許可保育園との大きな違いとしては、入所の申し込みと契約が保育園に委ねられていること、保育従事者の内訳が保育士6割であること、開所時間が長いことです。

東京都からの認証を受けていますから安心して子供を預けられますし、開所時間が長く、急な残業でも安心です。また、駅に近いところにありますから、通勤の途中に預けることができるので便利です。こうしたことから、保護者からの人気がかなり高い保育園となっています。

しかし、認証保育で働く保育士としては少し注意が必要です。それは、保育従事者が保育士とは限らないからです。職員には知識やスキルがほとんどない人もいる場合がありますから、そうした人たちを理解したり、助けたりしながら保育をしていく必要があります。

また、駅に近くて通勤には便利とはいえ、開所時間が長いことから、シフトの幅が広く、なかなか自分の時間が持てないというような問題も出てくるかもしれません。

こうした点を踏まえつつ、認証保育で働くことが自分にあっているのかよく考えてみてください。

まとめ

今回は許可保育園と無許可保育園の違いと、それぞれ働くメリットとデメリットについて考えることができました。

どちらが自分に合っているのかは一人一人違うと思いますので、よく検討した上で決めてください。また、新しいシステムの認証保育というものもありますので、比較検討して、最適な就職先を見つけてくださいね!

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事