転職するべき?とどまるべき?保育士が転職に迷った時のチェックシート!

転職するべき?とどまるべき?保育士が転職に迷った時のチェックシート!

転職しようか、それとも今の会社に残るのか非常に悩むこととと思います。なぜ自分が転職したいと思ったのか、その不満や理由をしっかりチェックしてみることで今の職場にいるべきか、新しい転職先を探すべきかまた、どのような転職先を探すべきかが整理されます。

転職するべき?とどまるべき?

保育士が転職するべきかどうか??

多くの人が一度は転職しようかどうしようかと迷う事があると思います。

その理由として、職場の人間関係が嫌になったりとか、本当は自分のやりたい仕事ではなかったとか色々あると思います。

でも、本当に転職するべきなのでしょうか?または本当に転職するにしても今がそうすべき時でしょうか?こうした点をじっくりと考えていきたいと思います。

よく考えてから転職しなければ後々後悔する事になってしまうかもしれません。

転職するべきなのか、それとも今の職場に留まるべきなのか、チェックしながら慎重に進めていきましょう。

転職が失敗してしまう例

現実問題として言える事は、転職=今より現状や環境が良くなるという保証はありません。

残念ながら、転職が失敗になってしまうのには原因があります。ですから、その原因を知りましょう。

どうして失敗してしまうのか例を見ながら書いていきたいと思います。

漠然とした理由で転職してみた。

何となく今の職場が嫌になったからといってすぐに転職すると、結局のところ次の職場も同じようにやっぱり何となく嫌だとなってしまう事になりやすいかもしれません。

「隣の芝は青い」という言葉もあるように、他の会社が自分の会社より良く見えてしまう事があり、早まって転職してみたものの、前の会社と何も変わりはなかったという事もあります。

残業なしと言われたり、給料が良かったので、今より良い条件の仕事になるかと思って考えずにとりあえず飛びついた。

何も情報収集しないまま条件を鵜呑みにして飛びついてしまったけど、いざ仕事してみたら条件と全然違ったりするかもしれません。

また、残業なしと言われていたのに実は仕事が終わった後に家に持ち帰って仕事するだけだったという場合もあります。給料に関しても、モデルケースとして提示されただけで、なかなかその給料には届かなかったりします。

自分を過大評価しすぎている。

自分はまだまだこんなもんじゃない。こんな所で終わる人でないというような考えを抱いていると、現実を客観的に見えなくなります。

今の会社で、何でうまくいかなくなってしまったのかなどの失敗から学ぶ事も出来ないので次に新しい会社に入ったとしても同じような失敗をしてしまいます。

また、面接の時にも実力以上のアピールしてしまい後々大変になってしまうかもしれません。

このように、転職がすべて幸せにつながるとは限りません。

では、転職のリスクも考えてみましょう。

転職のリスク

転職するというのは収入源が一時的になくなる可能性もあります。

仕事を辞めるときに仕事が決まっていればよいのですが、そうではない場合、内定が出ないまま何ヶ月も過ぎてしまうという事もあるかもしれません。そうなると、生活自体が厳しくなります。

また、社会的に信頼が低くなってしまう可能性もあります。

クレジットの審査やローンを立てようと思う場合は特に注意が必要になります。

転職にはこのようにリスクが伴います。

ですから、転職したいと思った時点ですぐに行動するのではなく、今の職場をなぜ辞めたいのかを時間をとって冷静に考えてみる必要があります。

現在の職場に抱いている不満はなにか

たとえば、自分が抱いている現在勤めている会社や仕事内容での不満が、転職したら解決するだろうか、それともどこの職場にもある悩みなのかを見分けていく必要があります。

その為にも自分が抱いている不満を1つずつチェックしていきましょう。

1、仕事の内容の不満

・仕事に対するやりがいがない

働くのはお金の為だと割り切れればいいのですが、仕事する上で仕事のやりがいも大切になってきますよね。ですから、今の自分の仕事にやりがいを感じていないなら転職を考えることもあるかもしれません。

・業務に対する不満が改善されない。

業務に自分の意見がなかなか反映されないことや、改善してほしい業務上のことに関しても長年改善されず、改善されるような兆しもほとんど見られないと不満につながっていきますね。

・上司や園に対して

上司の意見がコロコロと変わったり、指導も的確にされないなど業務に差し支えがあることもあげられます。

保育士の場合には、園の方針と自分の保育方針があまりにも違いすぎるという不満もあるそうです。

2、将来に対する不安

・キャリアアップが望めない

仕事する上でやはりキャリアアップというのは誰でも目標とする所だと思います。

しかし、そうしたキャリアアップが望めない環境だったり、頑張っても評価されないと将来に対する不安が募っていきますね。

・給料が低い

給料が上がらない、上がる気配もない、またたとえ上がったとしても仕事量に対して満足のいくものでないという理由もあげられます。

それだと将来の計画も立てにくいですし、将来に対する不安が払拭されませんね。

3、労働環境に対する不満

・不当な勤務

働く上で労働環境が悪いと続けていくのは相当なストレスになってきてしまいますね。

例えばサービス残業があったり、休日出勤があって自分の時間が持てないという悪環境で長期で働くのは辛いですね。

・休暇の取り方に対するもの

有給休暇がしっかり取ることが難しい。

出産、育児、介護により休みをもらいたくても言い出しづらい職場環境だったりすると、続けていくのも難しいと感じていることもあるかもしれないです。

4、人間関係に対する不満

・噂話、悪口

この不満が一番多いのではないかな?と思います。

職場は人と人とで成り立っている所ですから、衝突したりすることは避けられないですね。

また、保育士の現場は特に女性が多いですから、どうしても噂話から悪口に発展してしまうことも中にはあるかもしれません。悪口を言われている当時者ではなくとも、それを聞かなくてはいけない環境だと辛いですね。

それが、ただの噂話、悪口だけで終わってくれればまだいいですが、そうした人間関係の悪さが表に出てきてしまい、職場の雰囲気が険悪になり業務するのが難しくなってしまうとさらにややこしくなってきます。

そうなると、チームワークも悪くなりますし、子供達を保育する側としても良い印象はないですね。

・悩みを相談できない

こういった人間関係の悩みを相談できる人が自分の側にいるかどうかも鍵となってきます。

・上下関係

先輩後輩などの掟が厳しく、なかなか自分の言いたい事が言えない。しかも、上司や先輩が尊敬できる人でない。

こうした、大きく分けて4つの不満を書いてきましたが、ご自身はどれが一番今の職場での不満に近いでしょうか?

この4つ以外にも理由はたくさんあるかもしれませんが、まずは自分が何で転職したいかその理由をはっきり知るようにしましょう。

そのためにも、自分が抱く職場での不満をチェックシートにして書き出してみてください。いくつかある場合には上のように不満を大きく何個かに分けます。

そして小さく分けていきます。

例えば、1の仕事内容の不満、4の人間関係の不満があるとしたら

今の仕事に不満を感じている理由

①仕事内容の不満 ・やりがいがない ・園と教育方針が違う

②人間関係 ・悪口、陰口が多い ・相談できる人がいない このように自分が分かりやすいように書いていきましょう。

そうした上で、じゃあ今の職場でこの不満を改善できることはないのか?本当に転職した方がいいのかを考えてみます。

そして、次に、その不満をどう解消したいのかを付け加えていきます。

不満をどうするか

転職してその不満がどのように解決してくれるのか見通しを立ててみてください。

転職したらその不満や心配がどうなるのか、また、自分がどうしたらいいと思うのかという点を先ほどの不満を書き出したところに加えていきます。

今の仕事に不満を感じている理由

①仕事内容の不満

・やりがいがない 自分が必要とされていると思えるような仕事をする!

・園と教育方針が違う 自分のしたい保育にできるだけ近いところ

②人間関係

・悪口、陰口が多い 人間関係がよいところに行く

・相談できる人がいない 尊敬できる人がいる職場に変える

このように、自分が見やすく今の不満の解決が何かわかりやすく書きます。 ここまで書いていくと、ちょっとスッキリすると思います。

ここからが本番です。

では、その不満と不満を解消する為に書いた事柄は本当に転職したら解決する事なのでしょうか?じっくり時間をとって考えてみてください。

例えば、やりがいがないと不満を書きましたが、今の職場でやりがいを感じることは本当にもうないですか?自分で仕事を作り出して、自分から行動してみたらどうでしょうか?

悪口が多く、周りに相談できる人がいない場合、自分から話題を変えてみるのはどうですか?自分から積極的に相談してみるのはいかがでしょうか?

どうせ自分が動いたってとか、自分一人が変わったからって…と今の職場をあきらめるのではなく、転職する前に一度いろいろと試してみることもいいかもしれませんよ。

それによって、今の職場が変わってくれたり、雰囲気が良くなって働きやすくなったら職場にとっても自分にとってもプラスですよね。

でも、もしも変わらなかったとしても、その努力は自分の糧になるはずですから、次の職場にきっと活かせるはずです。そうなれば転職も大成功と言えますね。

また、雇用形態をかえてみたり、仕事内容を変えてもらったりするなら不満の解決にもつながることもあるでしょう。

しかし、それでも不満の解決に至らない場合は転職へと行動する時となります。

タイミングについて

こうしたチェックシートを用いても環境は良くならない、転職するしか不満を解消する方法がないなら、転職する準備をします。

でも、その前にまずは転職するタイミングを考える必要があります。

慎重に転職を考えなければいけない時は「ライフイベント」が控えている時です。

例えば、大きなライフイベントとしては結婚、出産、育児など人生の中で大きな変わり目があるなら転職するのは難しいでしょう。

たとえ、転職できたとしても、新しい会社で産休や育休を取りにくい場合がありますので、その時期に重ならないようにすることがいいと思います。

結婚や出産前に転職をする場合のメリットとしては、フルタイムでも働けることや残業もできることが強みになりますので転職先が広がるというものがあります。

しかし、転職してすぐに結婚、出産をするよりは、仕事に慣れつつキャリアアップしていった後であれば、産休や育休の後にも仕事に戻りやすくなるという安心感があると思います。

ですから、転職してから結婚や妊娠、出産を経験するには2年から3年ほど先になる可能性も生じうることも覚えておいた方がいいかもしれません。

逆に、出産後に転職しようと計画する場合のメリットとして、出産前にキャリアアップしてから産休、育休を取ることができ、育児がひと段落してからまた同じ職場に戻ることができます。

しかし、そうなると転職するのは育児が落ち着いてからということになります。実際問題として、子供が小さいと会社側は採用に慎重になる場合もありうるので、出産後に転職する場合も少なくても3年はかかると頭に入れておいてください。

何かの資格を取る勉強をしているなら、ちょっと待った方がいいです。なぜなら、資格をとるにはある程度の時間がかかるからです。

退職してしまうならば資格を取得するための勉強をしている間に仕事のブランクができてしまうので不利になる場合があります。また、転職先が決まっていたとしても、次の仕事に慣れるまでには時間がかかりますから、新しい仕事と資格の勉強と同時にすることは大きなストレスにつながり、勉強にも集中できなくなりえます。

ですから、資格をとってからの転職がいいでしょう。

また、もう一つの例としては家の購入を考えている時です。先ほども転職のリスクとして少し触れましたが、転職のタイミングと家の購入と関係ないように見えますが、転職をするということは社会的に信用が低くなってしまうということでもあります。そのため家を購入する為に必要な資金が借りることができないということもあるかもしれません。そうなると本当に困ってしまいますね。

ですから、家の購入の前には転職することはおすすめできません。

このように、転職は自分の人生に大きく関わることですから、そのタイミングも非常にポイントとなります。

では、一年のうちに転職するのはどの時期がいいのでしょうか?

次に求人が増えるタイミングも考えるならば仕事がないブランクの間をなるべく作らずにすみます。保育士の求人が増える時期はいつなのかという点も考えていきましょう。

保育士の求人が増えるタイミングについて

転職するなら、求人が多いときに行動したいですね。

保育士の求人が多い時期は一般的に1月から3月の間と言われています。

新しく4月から園児が入ってきますし、年度が変わる月でもあるので、1月から3月の間に保育園は新しい保育士を雇いたい状況になるようです。

ですから、11月くらいから少しずつ求人をみておく必要がありますね。

保育士の転職は一般の転職とは違い、求人のタイミングも非常に重要になるので、転職を今するのか、それとも1月から3月まで待つべきか十分に見極めてください。

ここまで、自分の不満の為に転職をするか、それとも今の会社に留まるべきなのかを考えてきました。

転職には他のことも考える必要があります。

それはなんでしょうか??

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

会社のことも考えてみる

あなたが転職することによって、もちろん会社にも影響があります。

転職しようと決めたから、「ではもうすぐに辞めます」とはいきません。

会社側にも都合があり、例えば入園準備が忙しい時、イベントの前などはただでさえ人手不足となりますから控えるというのも親切かと思います。

また、何か自分が関わっている仕事が終わっているかどうかという点も考慮に入れる必要がありますね。

ですから、こうした今までお世話になった職場のことも考えて、いつ転職するのか、少し待った方がいいのかもチェックシートの一つに書き加えてみてください。

まとめ

転職しようか、それとも今の会社に残るのか非常に悩むこととと思います。

しかし、なぜ自分が転職したいと思ったのか、その不満や理由をしっかり考えてみること、そしてそれが転職しなくては解決できない問題なのかをチェックシートを作ってみるなら、焦って転職してしまい結局は転職が失敗だったということにならないと思います。

また、タイミングも十分に検討しなければいけないということも転職を成功させるためには重要だということが分かりましたね。

転職するにしても、しないにしても、やりがいのある仕事を見つけられますように。

保育士の転職を成功させるために大事なことのすべて!

誰でも一度は「こんな仕事やめてやるっ!」って思った事があると思います。保育士だって当然あります。今回は転職しようと考えはじめた保育士が成功するための情報をすべてまとめてみました。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%92%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事