失敗した人が語る!保育士の転職で成功するためのポイント!

失敗した人が語る!保育士の転職で成功するためのポイント!

保育士として転職するのは全然珍しいことではありません。というより結構普通です。今回は保育士の転職に失敗した体験者の声から成功するための方法を探ってみましょう!

転職に失敗しないためにはどうすればいいの?

保育園

保育士として転職するのは全然珍しいことではありません。というより結構普通です。皆さんも今までで何度か転職されたことがあるかもしれません。

しかし、その転職に満足できましたか?本当に、「転職してよかったなあ」と思えたでしょうか?

中には「あー失敗したなー」と思うこともあったかもしれません。では保育士の転職で、「これは失敗だった!」と思うようなケースというのはどういう場合でしょうか?

そして、”失敗は成功の基”とはよくいますので、その失敗から是非とも学んでいきたいと思います。ということで、保育士の転職に失敗した体験から成功ポイントを分析していきましょう!

保育士の転職で失敗する事ってある!?

転職失敗

保育士の仕事は今は売り手市場と言われています。つまりどこに行っても保育士が不足していたり、求人があるのです。

それで、保育士が転職するのはそれほど難しいことでもありません。

一度就職した施設や園を退職して、別の施設や園にうつるということはよくあることです。そしてその別の就職先を見つけるのも、それほど難しいというわけでもないでしょう。

「転職しよう!」と決意するに至るには、人それぞれ色々な理由があると思います。例えば、人間関係が複雑になってしまい、毎日がストレスだと言う理由もあることでしょう。

仕事自体は好きで、このまま子供たちと関わる仕事を続けていきたいと思う方にとって、転職して職場を変えるということで、より楽しく仕事ができるのではないかと思いますよね。

さらに、あまりにも残業が多いのに給料が安いということで辛く感じることもあるかもしれません。小さな保育園など、人手が常に足りない状況で、体力的にも精神的にもきつくなってしまうことがあります。

それでもっと、給料が高くて福利厚生も整っている環境で働きたいと思うのは皆同じでしょう。他にも、保育士としての仕事はとにかく体力勝負という面がありますので、 10時間の仕事がきつくてパートタイムとして働きたいと思う人もいます。

つまり働き方の点でもっと自分に合った職場を選びたいということです。

どんな理由にしても、「転職する」という決意には、「もっと今よりも良い職場を見つけたい」、「もっと今よりも自分に合っている環境で働きたい」という願いがあることでしょう。転職するんだから、今よりももっと良くなることを期待しているのは当然のことです。

でも実際問題、転職した後に「失敗したな・・・」と感じている人たちは少なくないようです。せっかく、時間も労力も使って新しい職場を見つけたのに、 失敗したと感じるなんてちょっと残念ですよね。でも、それも結構現実なんです。

もちろん、失敗したからこそ次の成功があるわけなので、失敗が無駄になることはきっとないと思います。ただ、無駄に失敗を繰り返さないためにも、是非ともその失敗から学んでいきたいと思います。

保育士の転職で「失敗した!」と感じる時

転職失敗

ではどんな転職が「これは失敗した!」と感じるのでしょうか?色々な保育士さんたちの経験談から探っていきたいと思います。

一つ目に転職で失敗したと感じる理由として、その園や施設の方針が自分とは全然違った、ということがあるようです。つまり、実際にそこで働いてみた時に見えてくる、やり方、方針というものが、自分が本当にやりたいと思っている保育とはかけ離れているという場合です。

実際、保育園とはいっても、そして系列内であったとしても、その一つ一つの施設や園によって、やり方が全然違うことがあります。そして、そこに入ってしまった以上はそのやり方や方針に従わなくてはいけないのです。

面接の時にはその時の面接官と価値観や考え方があっているなあ、と感じて入社を決意したとしても、実際に仕事をしてみると全然自分のやりたいことができないということもあるのです。自分の直属の上司、または組織全体の価値観というものが、 仕事内容に大きく影響してきます。

本当に自分がやりたいこと、自分が持っているポリシーなどと全く合わない職場で働くのは、結構なストレスになってしまうことでしょう。そして、この場合もやはりまた転職を考えたくなってしまうのです。

さらに、転職後に後悔する原因の一つとしては、やはり人間関係が難しかったという点があります。そこでの仕事自体に不満がないとしても、新しい職場に馴染めない、ずっと居心地が良くない、仲間外れにされてしまうということが起こることがあります。

保育園という場では、この人間関係の問題というものは全くなしにすることはできないでしょう。やはり、女性が多い職場なので色々なトラブルや様々な確執が生まれることは避けられないのかもしれません。

でも特に、雰囲気が悪くて、すぐに新しい人たちが辞めてしまうような職場もあります。例えばある保育士さんは、 ある保育園に入ってから一つのことに気づいたようです。

それは、若い保育士さんたちがほとんどいないこと。それも若い保育士さんたちが入ったとしても大体1年程度でみんな辞めてしまうことです。

それで結局、残っているのは年長の保育士さんたちだけ。それも、その人達は結構長く続けているのです。

園長や他の長年そこで働いている保育士さんたちの力が強すぎて、他の新しい人たちの居場所が作られない、特に若い保育士さんたちは居心地が悪すぎて長く働けない、という環境だったのです。

さらに別の保育園では、入ってみたら地方から出てきた保育士が自分ともう一人だけで、後は 皆都内出身者だということでした。その場合も、地方から出てきた人たちが仲間外れのようにされてしまったようです。

これもなかなか入ってみないとわからないことかもしれませんが、出身地によって仲間外れにされてしまう、というケースもあるということです。

このように、転職した先でのコミュニケーションがうまく取れずに、「転職しなきゃよかった」と感じることも少なくありません。園長や上司などと合わない、周りのスタッフたちから冷たい態度を取られる、 ということは多くの人が経験していることなのです。

転職するということは、前向きに考えれば新しい環境で仕事ができるという希望もありますが、一方で一から人間関係を作り上げていかなければならないという挑戦でもあります。つまり人間関係においてはメリットとデメリットがあるということです。

特に女性ばかりの職場では、人間関係の問題が一つも起こらない、ということは期待できないと思います。それに加えて、転職した際に自分の上司が年下であることも少なくありません。

一つの職場に長く続けていれば、それだけその職場でキャリアアップしていくことができますが、転職となるとまずはその職場で一から始めるということも少なくありません。

自分の方が経験もスキルもあるけど、今のところ上司は自分より年下でさらに自分よりも仕事ができない人であることもあるのです。

そのような環境の中で、イライラが募ることもあったとしても、まずは人間関係を構築してスムーズに仕事ができるようになるためには、柔軟性やコミュニケーション能力の高さが求められることになると思います。

そしてもう一つ、 転職に失敗したと感じている人の理由として、 求人の募集に記載してあった点と、実際の待遇にギャップがあった場合です。例えばあなたが給料のもう少し高い職場に転職したいと思い、今の職場を退職することを決意したとしましょう。

そこで、求人の募集では特に募集要項の中の給与の面をチェックしたとします。そこにあるモデル給与が、今の給与に比べて高いということで転職を決意します。

しかしいざ入ってみると、あなたには経験が足りないからということで、値切られてしまい、結局は前の職場と同じ給与になってしまうということがあります。前の職場をやめることによって、そこで築いてきた人間関係やキャリアを犠牲にして、時間と労力をかけて転職したのに、結局給与が同じということであれば、やっぱりガッカリしてしまいますね。

そのうえ、もし今の職場の方針ややり方が自分と合わなくて、自分のしたいと思っている保育ができない、前の職場の方がよかった・・・となると、後悔してしまうのです。

さらに、「残業なし」の職場を求めて、転職した方もいることでしょう。主婦で残業ができないということやほかの様々な事情で、残業があることが問題となって前の職場を辞めたのです。

そして、「残業なし」ということで職場を選び、入社したとします。しかし、実際は働いてみたところ、残業は確かにないのですが、その分みんな持ち帰りで仕事をしていたのです。つまり、本質的には残業なしとは言えなかったのです。

これって、けっこうあるあるですよね!?表面上「残業なし」なのですが、実情としては家で仕事をすることとなり、結局転職の意味がないということになるので鵜s。

他にも、このような提示条件と実際の働き方の面でのギャップがすごくあった!ということが、転職の失敗となるようです・「休日出勤なし」って書いてあったから選んだのに、実際はあるし・・・とか、今までは時給で働いていたのが月給になって、給料が減ってしまったということもあります。

このように、みんな「今よりももっと良い環境で」とか「今よりももっとやりがいのある仕事がしたい」という気持ちで、新しい職場に移る決心をするのに、実際に入ってみたところ問題ばかりで今までと同じならまだしも、今までよりも悪い環境で働くことになってしまった、ということもありうるわけです。

提示されている条件と違うとか、あるいは人間関係がすごく複雑だった、という点などは、実際に入ってみないとわからない点もあるので、なかなか難しい点ではありますが、できるならば、そうゆう失敗を避けて、「転職して良かった~」って思いたいですよね。

では、これらの様々な失敗から教訓を得て、転職で成功するための秘訣を考えていきましょう!

転職で失敗しないためのポイントその①-直接保育園に行って保育の様子を見る-

転職失敗

転職してみたら、保育のやり方、方針というものが違って、自分のしたい保育ができない、ということがあります。

面接のときにも、自分のやりたいこと、考え方、ポリシーなどをアピールすることがあると思います。

その自分の持つ価値観や目標としていることと、園や施設の持つ方針がマッチしていると、やりがいをより感じられると思います。

しかし、面接の時には問題はないと思っても、実際にそこで働いてみたところ価値観がだいぶ違う、やり方や考え方がかなり古い、ということに気づく場合があります。それで、「あれ?思っていたのと全然違うんですけど・・・」とガッカリしてしまうのです。

転職してきた身としては、園のやり方、方針に従って仕事をしますよね。それで、本当にやりたいことと、実際にやらなくてはいけない保育とのギャップに不満が募ってしまい、時間と労力を使って希望をもって転職してにも関わらず、また転職を考える羽目になってしまうのです。

これって、けっこうあることなので、実際にそのようなケースを経験したとしてもあまり「失敗した!」と自分を責めない方がいいかもしれません。

でも、できるだけこのようなケースに陥らないために、できるなら前もって直接保育園に行って、保育の様子などを見ることをお勧めします。

面接のときや、実技試験の時などに、実際の保育の様子を見学することもできるでしょう。その時に、しっかりと今いる保育士たちのやり方や、様子などを観察するのです。

そこで、なんだか違和感や不思議に思うことがあるなら、その時に「どうして○○をされているのですか?」と質問することもできるでしょう。

どうしてそうゆうやり方で保育をしているのか、どうゆう方針のもとで仕事がなされているのか、ということをしっかりと見極めるのです。

そうすることによって、ある程度、自分のやりたい保育と合っているかどうかを見極めることができるかもしれません。ただ、書類上で書いてある方針だけでは、なかなか本当のところの実情を知るのは難しいので、自分の目で確認するのが一番なのかもしれませんね。

ある程度、保育士としての経験がある人なら、実際に見ることでなんとなくそこの園の方針や雰囲気がわかることでしょう。

転職で失敗しないためのポイントその②-職員同士の会話の様子、内容をチェックする―

保育園

人間関係で失敗するのが、一番メンタル面でもマイナスの影響を受け、転職でガッカリすることかもしれません。しかし、まず覚えておきたいのは、どこの職場でも人間関係で何かしらはある、ということです。

それでとにかくみんなが仲良くて、何もない職場なんてない、ということで、そこでうまくやっていくスキルを身に着けるのは必要であるということです。

しかし、そうはいっても、あまりに人間関係がヒドイ、あるいは苦労するという職場もあります。そのようなところは避けたいものですよね。

例えば、古株の保育士がとにかく権力を握っている、とか、園長の好き嫌いで待遇が左右されるとか、地元密着しすぎていて地方出身者が入る隙間がないなどです。

では、どうすればそれを入る前に見極めることができるのでしょうか?

やはり、できるのは自分の目でそこの雰囲気や保育士同士の関係をチェックする、ということでしょう。

でも、いつどうやってチェックすればいいの??と思うことでしょう。

前もって、そこで働いていた事のある人から話を聞けるとか、口コミや評判がわかるというのであればまだしも、その情報が本当かどうかを確かめられないという場合もあるし、情報が一切なしという場合もあるでしょう。

そのような時には、面接や見学の時に、とにかく職員同士の会話の様子に聞き耳を立てることです。

たまに、面接のときに面接官が急な用事が入って「少し待っていてください」と言われることがあるでしょう。

その時がチャンスです。

周りの様子が見れる、あるいは聞こえるのなら、会話の様子や内容に耳を澄ませてください。

もし、話す内容が常に消極的だったり、不満ばっかりだったり、誰かの愚痴や文句だったりしたら、注意したほうがいいでしょう。

もし、会話の内容が聞こえないとしても、職員同士の様子をしっかりと見て雰囲気を感じ取ってください。

面接のときには、難しくても見学の際に会話を聞くことができるかもしれません。見学の時には、先ほど紹介した通り、その園でのやり方や方針というものも観察したいと思います。

と同時に、職員同士の会話の内容、関わり方、雰囲気などもチェックしておきましょう。

聞こえてくることや、様子などをチェックできるのには限界があるかもしれませんが、自分で実際に見て感じることというのは大切な判断の材料となります。

それで、やはりできるだけその場に行って自分の目と耳で確かめてくる、というのが大切となると思います。

まとめ

保育園

転職で失敗することを100%避ける、ということはできないかもしれません。

しかし、できるだけそれを避けるために、自分の目と耳でその職場を確認してくるというのは大事だと思います。

その他にも、イメージや先入観ですぐに職場を決めるのではなく、より現実的な視点で判断するために、口コミで情報を集める、信頼できる先輩やコンサルタントに職場の雰囲気とか懸念点などを聞いてみる、企業業績を調べてみる、といった自分にデキルことを行ってみましょう。

そうすることで、できるだけ内情を知って、そのうえで就職するかを判断しましょう。

保育士は売り手市場なので、自分が職場を選べる、ということを味方にして、より自分に合った職場を見つけられるといいですね!

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事