長崎県周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

長崎県周辺の保育士事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

長崎県は九州の西海岸にあり、火山、森林に覆われた沖合の島々、温泉地で知られています。県庁所在地は長崎市にあり、原爆投下によって被害を受けた都市の1つです。長崎県の保育事情とおすすめのお仕事・求人サイトをご紹介したいと思います。長崎県で保育のお仕事を探しているという方は参考にしてみてください。

長崎県の保育士需要と保育事情

Peace statue in Peace Memorial Park in Nagasaki, Japan

長崎は、九州地方の中でも北西端に位置している県です。長崎県には五島列島や、対馬などの数多くの島を含んでいて47都道府県の中でも島が多いことで知られています。観光地として有名なのは、平和公園、ハウステンボス、島原城などの歴史的に価値のある場所です。

これから、長崎県の保育士事情とおすすめの転職サイトをご紹介していきます。長崎県内で保育士のお仕事を探している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

長崎県の保育士の需要は?

長崎県内で働いている保育士さんたちのお仕事事情は、どのようなものなのでしょうか?長崎県は保育士にとって、働きやすい県なのでしょうか?

平均年収や求人の傾向、また保育士の需要などについて、長崎県内の保育士事情を調べていきましょう。

長崎県というと、鎖国時代に日本唯一の国際都市であり、ザビエルの渡来でも有名なところです。長崎県の南部には、ヨーロッパのような街並みで人気のハウステンボスという観光施設があります。

また長崎県には、971というたくさんの島があります。この数は、日本で一番多い数です。本州の中では唯一隣接している県が、佐賀県ただ一つという特徴を持っている県でもあります。名物といえば長崎ちゃんぽんやカステラなどで、全国で愛されています。

そんな長崎県ですが、人口はというと約135万人、世帯数は、約56万世帯となっています。そして保育所では約6,200人を超える保育士が働いています。

全国では、保育士の不足の問題や、待機児童の問題などが現在みられています。それは、長崎県も例外ではなく、同じ問題がみられています。待機児童の数は、過去5年で最多になっており、2017年10月時点では、認可保育所の改修や新設が追いついていない状態です。

実際の数を見てみましょう。2017年10月1日時点で、認可保育所などに入ることのできない長崎県内の待機児童の数は、317人に上っており、同時期で比べると過去5年間で最も多い数です。長崎県は待機児童の数をゼロにすることを実現するように目指していますが、共働き世帯の増加や、入所要件の緩和などに伴って入所を希望する人が増え、認可保育所の改修整備や新設が追いついていない状況のようです。

長崎県の県こどもみらい課によると、

同じ時期の待機児童者数は ・2013年185人 ・2014年179人 ・2015年181人 ・2016年271人

と推移しています。このように待機児童者数が増加しているのは、2015年に始まった国の「子ども・子育て支援新制度」に伴って、保育所への入所要件が緩和されたことも一因とみられているようです。

自治体別でみてみましょう。長崎市148人、大村市111人、対馬市39人、西彼長与町25人、佐世保市21人など、9市町村で待機児童がいます。年齢別で見てみますと、育児休暇を取った後の職場復帰などを背景に、0歳児と1歳児が全体の約7割を占めており、年齢が上がるにつれて待機児童数も減るという傾向にあるようです。これとは別にですが、特定の保育所への入所を希望していますが国の定義に含まれない「隠れ待機児童」も一定数います。

一方、増築や施設新設など、定員を増やすための取り組みが長崎県各地で進んでいます。認可保育所などの総定員数は、右肩上がりとなっており、2017年10月時点で約46,000人と、2013年から約8,500人の増加になっています。

大村市は2017年度に、教育保育施設の事業者を募って、すでに開設した4つの施設の他に2019年4月までにさらに3つの施設を開設する予定のようです。

また、保育士として就職する人に、お祝い金を交付するなどして、保育士を確保するための努力も払われているようです。それでも、市こども政策課では「申し込み数が毎年100人ずつぐらい増加している」とし、保育施設への需要が上回っている状態になっています。長崎市では、保育施設に入所したいという入所希望者数以上の定員枠を確保しているが、中心部に待機児童が集中するなど、地域に偏りがあるようです。長崎県のこども未来課は、「市や町と連携しながら、待機児童の解消に向けて取り組んでいきたい」としているとのことです。

このように、長崎県内でも待機児童の問題というのがあるということが分かりました。もちろん、待機児童がどの自治体でも問題になっているというわけではありません。逆に、過疎化が進んでいる地域では、児童数の定員割れをしているということもあるかもしれません。

しかし、上記でも述べたように、保育所などの需要が高まっているという状況が見られる中で、長崎県としては、そのニーズにしっかりと対応することができるようにそのための対策を行なっています。

例えば、保育所緊急整備事業として行われているのは、待機児童解消のための保育所の創設、また、老朽化改築などを行なって保育環境整備のための費用の補助などもされています。さらに、認定こども園の整備のための費用の補助なども行なわれています。

このように長崎県では保育所など新たに創設されたりしているということが分かります。ということは、保育士として働く人たちにとっては、職場となる施設が増えたということになるので、職場を選ぶときにたくさんの選択肢があるというわけです。

また今もまだ待機児童がいる市町では、さらに児童を受け入れる枠を拡大することが必要とされています。ですから、保育士として働く人たちの枠もさらに拡大されて必要とされることになるというわけです。

このように、やはり長崎県でも保育士の需要は大きいということになります。

長崎県の保育士の平均収入は?

business man writing question about 2014 on graph

では、保育士さんたちの平均的な年収はどのようになっているのでしょうか?

ここ近年のデータからその平均収入について見てみましょう。全国の保育士さんの平均年収は326.7万円でした。月収は、平均が22.3万円、ボーナス等の年間賞与の平均は58.8万円でした。

では、長崎県ではどのようでしょうか。長崎県は、平均年収が309万円です。月収の平均は20.3万円、年間賞与が65.2万円となっています。これは、全国平均からすると、少し低い水準となっています。しかし、注目すべき点が一つあります。長崎県の保育士の平均年齢は42.2歳ということです。実は、全国の平均年齢は36.0歳なんです。

勤続年数も注目できます。全国の勤続年数の平均は7.7年なのに対して、長崎県は11.8年となっています。長崎県は長く働き続ける保育士さんたちが多いということが分かります。保育士の仕事はというと、離職率や退職率が高いと言われている職種になりますが、長崎県内では長く続ける人が多いということです。それだけ、働き続けやすい環境が整っているということになるかもしれませんね。

長崎県と唯一、隣接している県である佐賀県ですが、佐賀県の保育士の平均年収は、約305.3万円でした。興味深いことに、佐賀県では月収の平均は24.2万円と高めだったのですが、年間賞与が14.9万円と全国の平均と比べるとかなり低い結果となっているので、この結果が年収が低いということに繋がっているみたいです。それで値がさ危険の保育士さんの平均年収は、全国平均と比べると、かなり低いと思ってしまいますが、隣接県と比べてみるとあまり変わりはないようです。

保育士さんが仕事を辞めたい理由って?本音を探ってみました!

社会に必要とされ、求人の常にあるという状態の中で、保育士としての資格を持っているにも関わらず、保育士をやめてしまう方も多いのが現状です。今回は保育士さんが仕事を「辞める」理由について、そのホンネを探ってみたいと思います。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%84

長崎県の待機児童の増加傾向は?

Boy and girl lying on the floor under the Christmas tree. Next to the gifts. They are writing wish list for Santa. Waiting for Christmas. Celebration. New Year.

全国的に待機児童の問題はあるようですが、長崎県内でも変わりないようで、待機児童問題があるということがわかりました。そのために長崎県としても緊急の問題として注目され、保育所の整備が行われています。

しかし、保育所がいくら整備されているとはいえ、実際に保育の担い手である保育士の存在がないのならそれは成り立たないものです。それで、やはり、保育士をという人材を確保するということがまず必要になるでしょう。

全国の保育士事情を見てみますと、実際、日本全国では保育士不足が深刻な問題となっています。せっかく新しく保育園が整備されたとしても、保育士の人手不足ということで、子どもたちの定員を減らさざるをえなかったり、あるいは休園に追い込まれてしまう保育園もあるくらいです。

では、どのくらい保育士が不足しているのでしょうか?保育士の不足を知るためのかぎとなるのが、有効求人倍率です。この有効求人倍率というのは、求人の数を就職者の数で割った数のことですが、例えば、100人の求職者の応募があったとする場合、その倍率は1倍というようになります。1倍というのが、求職者1人に対して1件の求人があるという状況になるので、一番バランスが取れているということになります。この数が高くなればなるほど、求人数の方が多いということになり人手不足ということになりますし、求人数が低いと、人手が十分足りている、つまり、充足率が高いということを意味していることになります。

求人倍率が年々増加の買い手市場化

Business Chart Working Laptop Analysis Internet Concept

保育士の求人倍率はどうかというと、全国の平均では平成27年は2.44倍で、平成28年は2.76倍、平成29年2.76倍でした。つまり、求職者1人に対して2.76件の求人があるということになります。この数字を見てみても、全国で保育士の人手不足が如実にわかります。

ですから、保育士として働く人にとっては、職場を選ぶことができる立場にあるということで、売り手市場となっていることがわかります。保育士と他の職業を比べても、保育士の有効求人倍率は高くなっているので、保育士はいまのところ転職はしやすく、就職に困ることは少ないという状況といえます。

この有効求人倍率は、各都道府県によっても異なってきます。東京都の保育士の有効求人倍率をみてみると、なんと約6倍という時もありました。1倍以上でも、すでに人手不足と言われるわけですから、6倍というのは深刻な人手不足、つまり保育士不足となっていることが分かります。しかしこの保育士の人手不足は、東京だけというわけではありません。全国的に問題となっています。

東京だけではなく、やはり保育士の人手不足が問題になっている各自治体では、保育士という人材を確保するために争奪戦となっています。それで、保育士を確保するために給与を上乗せすることや、待遇の改善などに力を入れていたりしています。これは、保育士にとっては、人手不足になればなるほど、働きやすい環境が整っていくというわけです。

長崎県の保育士の有効求人倍率はどのようになっているのでしょうか?平成29年9月の長崎県の保育士の新規求人倍率は、1.29倍となっていました。そののち、その倍率は上がって平成30年9月は、1.38倍となっています。

全国の有効求人倍率と比べると、低い水準となっていますが、1倍は超えているということですので、長崎県でも保育士は不足しているということが分かります。それで、保育士として働き口がなかなか見つからないということはないということです。ただし、求人数はそれほど多いというわけではありませんので、いつでも自分の希望通りの転職先がすぐに見つけることができたり、転職先を選び放題というような感じにはならないかもしれません。

このように全国的に保育士の需要はまだまだ高いということが分かりますが、保育士不足の問題の原因としては、まず給与の低さが挙げられます。保育士の仕事は、重労働であり、責任も重いにも関わらず、それでも全職種の平均年収と比べてみると低くなっています。それで、処遇が改善されない限り、保育士の確保がむずかしいということが叫ばれています。国としても、この点は1つの問題として様々な取り組みがなされています。

保育士不足の裏には、残業が多いとか、人間関係が難しい、保護者への対応が大変というような労働環境に関する課題も山積みになっています。それで、そのような状況をしっかり考慮して、処遇の改善や、労働環境の改善というものも保育士を確保するために必要なこととされています。

長崎県の保育士支援の取り組み

Businessman supporting paper cut out of a man walking forwards to success over rustic wood background.

長崎県では保育士人材を確保するための取り組みとして、保育士資格を取得することを目指している学生に対する修学資金の貸し付けがなされています。貸付金額は最大で160万円となっており、すべてが無利子です。

貸付の内容は、修学資金の総額120万円以内で月額5万円以内、入学準備金20万円以内、就職準備金20万円以内となっています。ほかにも条件を満たす場合は、生活費として加算されるということもあるようです。

学校を卒業後1年以内に保育士登録をして、長崎県内の保育所などで5年間勤務、または過疎地域で3年間勤務した場合には、貸付金を返還することが免除になります。これから保育士の資格を取りたいと思っている方で、保育士養成施設に在学し、卒業してから長崎県内の保育施設で保育の仕事に従事する意向がある人は、どんな条件があるのかをぜひチェックしてみてくださいね。

潜在保育士さんの再就職のための支援もあります。保育士登録度1年が経過した方や、離職後1年以上が経過した方で、新たに長崎県内の保育所に勤務することになった場合には、20万円を限度にした貸付金が受けられる、保育士就職準備金等貸付という制度があります。

2年間連続で勤務することで変換が免除される

また、未就学児を持っている保育士の再就職の支援のために、未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付もあります。その対象となるのは、長崎県内の保育所に新たに勤務する人や、保育所等で雇用されている人、産休や育休から復帰する保育士さんです。貸付金額は、一年間月額27,000円が上限で、子どもの保育料の半額になります。しかし、もしも保育所などで2年間勤務した場合には、この貸付金は返還が免除されます。

長崎県の保育士のおすすめ転職サイト

では、長崎県の保育士のおすすめの転職サイトをいくつかご紹介します。

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

保育士バンク」は、専任のアドバイザーが、保育士の就職と転職を全力でフルサポートしてくれます。

求人件数業界トップクラスの保育士バンクに登録すると、電話での相談ができて、希望の求人を紹介してもらえます。面接の際には、日程を調整してくれたり、その他の連絡などのサポートもしっかりしてもらえます。転職時期の相談や雇用条件などの交渉もしてくれます。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむは保育に関連する仕事・職場に関する転職や仕事探しをサポートしてくれる転職サービスです。非開会求人やレア求人もたくさんあります!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です
特徴 会員登録すると非公開求人の閲覧や、園の実名や動画が閲覧できます。また、求人案件数最大級なので、正社員や派遣など就業形態も様々あります!保育に特化したキャリアコンサルタントがお手伝いしてくれるので安心です!

保育情報どっとこむ」は、完全無料ですべてのサービスを利用することができます。運営は人材派遣アスカグループで保育を専門としている求人サイトになっています。

求人案件最大級なので、求人を紹介してくれるだけではなく、希望条件や聞きたいことなどを、キャリアコンサルタントが園長先生と相談してきてくれたりするまでお手伝いしてくれるようです。職場の雰囲気や人間関係のことなども、気になる内部情報なども聞くことができるようです。

保育情報どっとこむって?みんなの評判や口コミからメリットやデメリットを知ろう!

保育士の方で資格を活かして仕事をしたい方は派遣会社アスカグループが運営している、「保育情報どっとこむ」があります。アスカグループでは保育求人では業界最大級をうたっており、全国の拠点ネットワークを使って、豊富な保育求人案件を集めています。実際のところはどうなのでしょうか?

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%81%A9%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%80%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%82%84%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%84%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士求人ナビ

保育士求人ナビ

保育士求人ナビ」は株式会社ウェルクスが運営している看護師・幼稚園教諭向けの求人情報サイトで、豊富な求人量が特徴です!

「保育士求人ナビ」は、日本最大級の保育士登録実績を持っており、まずは簡単な登録をして、希望条件を伝えると、それに合った求人を探してくれ、その中から興味のある職場を選ぶことができるようです。

納得のいく求人が見つかるまで、いくつでも紹介してくれるようですし、面接の対策などもサポートしてくれ、すべてを無料で受けることができます。入職日の調整といった内定後のサポートもあるので、最後まで安心していられます。

このように長崎県内の保育士転職サイトは色々と整っています。サイトの中では、転職が初心者の方に必見の、転職を成功させるための役立つ情報が載せられていますので、ぜひ活用してみてくださいね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事