鳥取の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

鳥取の保育士事情とおすすめの転職サイトや転職エージェントを解説!

今回は鳥取の保育士事情について、鳥取で働くことのメリットなども含めながら調査してみたいと思います。更に、鳥取での就職や転職先を探している人が利用できる、オススメの転職サイトと転職エージェントについてもご紹介していきます。

鳥取の保育士事情とおすすめの転職サイトと転職エージェント

鳥取

鳥取県は、中国地方の見本海側にあります。ラクダも生息する鳥取砂丘には、一度訪れてみたい!という人も多いでしょう。温かい気候のイメージの人も多いかもしれませんが、実は中国地方では珍しい豪雪地帯となっています。

県の面積は47都道府県のうち7番目に小さいです。鳥取県の県庁所在地は鳥取市ですが、県内には他に3つの市と、その他に町がそして14、村が1つあります。

人口はというと、平成30年の時点で約56万人です。なんと日本で一番人口の少ない県となっています。世帯数は約22万世帯となっています。

平成27年の時点で、鳥取県内で働いている保育士さんたちは2298人いたようです。そのうち、保育所に勤めている人が2213人、認定こども園に勤めている人が85人だったようです。

では、そんな鳥取県の保育士さんたちのお仕事事情はどうなっているのでしょうか?鳥取の保育に対する取り組み、そして保育士さんたちを支援するための制度などがあるか、調べてみたいと思います。

気になる鳥取県内の保育士さんたちの平均年収や、県内ではどのくらい保育士さんたちが必要とされているのかなどもご紹介していきます。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

鳥取の保育事情

鳥取

日本は少子化が問題視されています。鳥取県でもそうです。

鳥取県では子どもの出生率はやはり減少しています。しかしそうはいっても、県内の女性一人当たりが一緒に産む子供の数の平均は全国平均よりも上回っている状態です。しかし、女性の就業率や共働き率は全国と比較しても高くなっています。

それで、やはり保育所などの必要性も大きくなっています。

鳥取県は、子育てがしやすい環境が整っている県といえます。なぜなら、保育所の設置割合が高いからです。

平成26年の時点で、県内の保育所の数は、0~5歳人口10万人当たり629.1か所となっていました。全国平均はなんと361.8か所なので、これだけ見ても充実していることがわかりますね。これは全国で4番目に多い数値となっています。

そして、平成27年度に「子ども・子育て支援新制度」が開始されたことにより、地域型保育事業も新設されるようになりました。

地域型保育事業というのは、0~2歳までの子どもを対象として、地域の多様な保育のニーズに対応できるように設置された保育で、小規模保育や、家庭的保育、委託訪問型保育、事業所内保育などを含んでいます。

平成29年の11月1日の時点で、県内には保育所が160施設(そのうち公立が93、私立が67)、幼稚園が20施設(そのうち国立が1、公立が3、私立が16)、幼保連携型認定こども園が26施設(そのうち公立が10、私立が16)、地域型保育事業が23施設(そのうち小規模保育が20、事業所内保育3)、そして届け出保育施設等が37施設(そのうち院内保育が14、事業所内保育6、その他17)となっていました。それで、これらすべてを合計すると947施設があります。これらの保育施設に入所している児童の数の合計は21794人となっていました。

そして、鳥取県では幼稚園や保育所のグラウンド芝生化も進めています。それで、多くの幼稚園や保育園ではグランドが芝生になっていて、子どもたちが日常的に遊び、学ぶ場所をより良いものに整える取り組みもなされています。

このように保育を充実させて、子育てしやすい環境を整えている鳥取県ですが、待機児童はいないのでしょうか?

日本全国では、平成29年の4月1日の時点で、26081人の待機児童が発生していました。そのうち、鳥取県はなんと”0”を達成しています!

しかしながら、どの県でもそうですが、10月1日のの時点ではよく待機児童の数が上がってしまいます。鳥取県でも毎年4月1日の調査では待機児童は0ですが、10月1日の時点では一定の待機児童が発生している状態です。

それで、県では年度途中の乳児受け入れに対応できるように、私立保育所においては年度当初から乳児保育担当の保育士の加配を実施しています。

このように、保育所の設置や地域のニーズに合わせた取り組みなどを行っているということで、育児のサポートがしっかりとされていることから、女性の就業率や共働き世帯率が全国の平均よりも高くなれるのかもしれませんね。

鳥取県における保育士の需要はどのくらい?

保育園

では、そんな鳥取県では保育の需要はどのくらいあるのでしょうか?

保育士の有効求人倍率というのは、年々上昇しています。この有効求人倍率というのは、求職者一人当たりに、どのくらいの求人があるのかという事を知ることができるものです。

求人数を求職者(応募者)の数で割ります。それで、100件の求人に対してそこに100人の応募者がいれば1倍ということで、一番バランスの取れている状態であるという事になりますが、1倍を超えると人手不足が生じていることを知ることができます。

保育士の場合、平成26年度の1月には、全国の保育士の有効求人倍率の平均が2倍を超えました。平成27年の10月の時点で、この有効求人倍率の全国平均は1.93倍となっていたのですが、そんな中で鳥取県では2,31倍でした!

全国平均を大きく上回っています!それで、つまり保育士の求職者1人に対して、2.3以上の求人が振り分けられる状態であることがわかります。保育士にとっては、このような状態は売り手市場であり、常に求人がある状態なので、転職しやすかったり、自分の希望や理想に合うような職場を選択できるような状態です。

しかしながら、人手を必要としている保育所等の施設からすると、保育士確保が常に難しいという状態になってしまいます。言うまでもなく、保育所等の施設は、保育の担い手である保育士さんがいなければ、児童を受け入れることができません。

平成30年になって、最近のニュースでも、ある地域の保育施設では保育士確保ができずに、保育所をやむなく休園せざるを得なくなったという事が取り上げられていました。それで、保育士が不足している各自治体では、保育士争奪戦ともいえることを行っています。

では、鳥取県では保育士確保のためにどのような取り組みをしているのでしょうか?

鳥取県保育士・保育所支援センター

保育園

鳥取県が保育士の確保のために取り組んでいることの一つが、「保育士・保育所支援センター」の設置です。これは平成28年度から開設されています。

鳥取県が、鳥取県で社会福祉協議会に委託する形で設置されましたが、潜在保育士さんや、これから新たに保育士資格取得を目指す方への就職支援などを行うことを目的とされています。

「鳥取県保育士・保育所支援センター」には、保育をよく知るセンタースタッフがいて、行政や保育現場から情報収集を行っています。そして、保育現場に興味を持つ方に対して、就職に関する専門的なアドバイスを行ったりしています。

さらに、保育の現場への見学、職場研修、再就職支援研修などを実施したり、就職説明会なども行っています。保育の現場で実際に体験したり、ボランティアとして活動することで、保育をより知ったりやりがいを見つけたりすることができるでしょう。さらに、お茶を飲みながら現役の保育士さんたちと語るミニセミナーなども開催しているようです。

保育士資格を持っているけど、まだ現場での経験がないという方や、一度現場を離れてからだいぶたつので、現場復帰が不安といった、ブランクを持つ保育士さんたちもたくさんおられます。そのような方にとって、最近の保育の現場の様子や最新の保育事情などについて知ったり、実際の研修で実技を学んだりできれば、自信にもつながるし、保育に対する意欲も向上できますよね。

実際、保育士就職支援セミナーに参加した潜在保育士さんの中には、お茶を飲みながらの和やかな雰囲気の中、講師の先生から保育の現場についての話や体験談を聞いたり、自分の体験談を話したりしたことによって、「もう一度、保育士してみようかな」ととても勇気づけられた方もいたようです。

さらに、他のセミナーに参加した方は「保育現場のイメージが持てた」という感想を残しています。保育の現場に興味を持っているけど、いろいろな不安や心配がある、という方はぜひ相談してみたり、あるいはこのようなセミナーや研修に参加してみるとよいでしょう。

他にも、福祉人材センター、ハローワークと連携して、人材を求める保育所等と、求職中の保育士さんのマッチングも行っています。それで、求職中の方も求人情報を収集するために利用することもできるでしょう。

保育士のための貸付事業

保育園

さらに、保育士の資格を持つ方の再就職に向けた環境を整えることを目的とした、就職準備金、保育料貸付制度というものも実施されています。

「就職準備金」は、保育士資格を持っている方で保育士登録後1年以上が経過している、または保育所等を離職後1年以上経過しているもしくは勤務経験のない方を対象としています。そのような方で、新たに保育所等において週に30時間以上の勤務をする場合に、1人1度限りですが、40万円以内の貸付を受けることができます。当該保育所等で2年以上勤務すれば返還が免除になります。

「未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付」は、未就学児を持つ保育士さんが新たに保育所等で週に30時間以上勤務する場合に、保育所の半額を上限2万7千円として貸付を受けることができるものです。当該保育所等で2年以上勤務すれば返還免除となります。

「未就学児を持つ保育士の子ども預かり支援事業利用料の一部貸付」は、未就学児を持つ保育士さんで、子どもを保育所等に預けている方が、勤務時間の関係で、預かり支援に関する事業を利用した場合に、その金額の半額年額12万3千円以内の貸付を受けることができる制度です。こちらも同じく当該保育所等で2年間勤務した場合には返還免除となります。

さらに、保育士の資格を目指す方の「鳥取県保育士修学資金貸付制度」もあります。これは、鳥取短期大学幼児教育保育料学科において資格取得に必要な教育を受け、県内保育所等で働く意思のある方で、経済的理由により修学が困難な方が対象となっています。

それで鳥取県の場合、県が修学生に対してい修学資金を直接貸し付けるのではなく、鳥取短大が修学資金を学生に代わって需要することにより、学費や入学金を軽減します。そのような形で県が修学生に対して修学資金を貸し付ける、ということです。

この修学資金貸付制度の貸付者として該当するかどうかは、鳥取県のサイトなどから確認することができます。貸付を受けた人で、卒業後1年以内に保育士登録をして、6年以内に、県内の保育所等で通算3年以上の勤務をした人は、返還が免除されます。

鳥取県で保育士になるためには

保育園

保育士の資格を取得するためには、保育士養成施設を卒業するか、または保育士試験に合格する必要があります。

鳥取県内には、保育士養成施設が2施設があります。鳥取大学地域学部と鳥取短期大学です。

保育士試験は、平成30年度では前期と後期の2回実施されています。しかし、幼稚園教諭の免許を持っている人で、保育士資格取得特例等によって、筆記試験科目がすべて免除される方は、他に2回受験申請期間が設けられています。

鳥取県の保育士さんの平均年収

では、気になる鳥取県内の保育士さんたちの年収も調べてみましょう。

平成28年の鳥取県内の保育士さんたちの平均年収は、299.3万円だったそうです。月収にすると平均20.7万円、平均賞与が50.5万円ということでした。

同じ年の全国平均と比べてみると、全国の保育士さんの平均年収が326.7万円、平均月収が22.3万円、そして年間賞与が58.8万円という事でした。

それで、平均と比べてしまうと少し低い印象ですね。ただ、前年と比べるとかなり給与面で改善されてきているのかな、という印象でした。そして、鳥取県では全職種的に平均年収が全国平均よりも低いので、保育士だけが低賃金というわけでもないようです。

保育士の人材確保のためには、処遇改善が必要であるということは明らかです。それで県では、私立保育所に対して、保育士さんへの処遇改善に要する費用を助成している町村に対しての助成を行ったりしています。

平成27年度からスタートした「子ども・子育て支援」新制度でも、保育士のお給料を3%向上させるという事が含まれていました。

求人データから見るお給料事情ですが、「保育のお仕事」というサイトに掲載されている求人データから計算する、保育士さんのお給料相場は正社員だと16.7万円くらい、パートやアルバイトの平均時給は917円だそうです。

それで、これからも保育士さんたちが仕事をやりがいをもって続けていけるように、さらなる職場環境の改善はもちろんのこと、給与面での処遇改善も期待したいところですね!

では、ここからは鳥取で現職の保育士として働いている方や、復職を考えている方などが利用できるおすすめの転職サイトや転職エージェントをご紹介したいと思います。

保育園・幼稚園

保育のお仕事

保育のお仕事

検索方法が充実していて非常に使いやすい!

総合評価 3.11
対応地域 東京・神奈川・埼玉・千葉
特徴 ・人気・希少な非公開求人が多数 ・専任のキャリアコンサルタントが、一貫してサポート ・応募前に職場の雰囲気などの内部情報を詳しく説明

先ほども、求人データから見る給料相場でご紹介した「保育のお仕事」というサイトは、保育士さんや幼稚園教諭さんを専門として転職支援サービスを提供しています。

WEB上で地域や条件などを絞り込んで求人を検索することもできますし、登録するとキャリアアドバイザーさんによるお仕事探しのサポートを無料で受けることができます。登録すると非公開求人情報なども見れます。

キャリアアドバイザーは、条件に合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接の日程調整とか入職の際のアドバイスとか、交渉などといった点で全面的にサポートしてくれるほか、応募する前に施設の雰囲気とか内部情報などを教えてくれるから、とても助かります。

保育のお仕事ってどう?評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

「保育のお仕事」は人材派遣会社と職業紹介の両方を行っています。人材紹介の場合は、保育園や施設の紹介、面接や履歴書、職務経歴書など転職活動に必要なことを専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。実際のところはどうなのでしょうか?今回は保育のお仕事の特徴やみんなの評判をチェックしてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士バンク

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

保育士さん専門の就職・転職支援サービスを行っている「保育士バンク」も、経験豊富なコンサルタントが好条件の求人を紹介してくれたり、面接のサポートや就業条件交渉などを行ってくれたりなど、その人にとってより良い職場探しを手伝ってくれます。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育ひろば

保育ひろば

完全無料の徹底サポートでご利用満足度94%の保育士特化の転職支援サービスです。保育ひろばで転職された方にはお祝い金最大2万円をプレゼント!

総合評価 4.3
対応地域 全国対応です!
特徴 「保育ひろば」は、業界トップクラスの求人数。全国4万件以上の保育園、幼稚園、学童、院内保育所などの中からご希望にあったものをご紹介いたします。各エリア特性を熟知したコンサルタントが、あなたの知りたいにしっかりお応えします。自分ひとりでは探しづらい非公開保育士求人も多数ご紹介可能です。

保育士さんと幼稚園教諭さんのためのサイト「保育ひろば」では、全国の4万件以上の施設の中から経験豊富な地域専属コンサルタントさんが、その人の希望にある職場を紹介してくれます。トップクラスの求人数を持ち、カウンセリングによってその人のキャリアプランを明確にしたり、最適な職場について考えてくれます。

面接後も、入職手続きを代行してくれたり、現職の退職交渉の相談にも乗ってくれて最後まで頼ることができそうです。利用満足度は94.2%という実績を誇り、すべて無料で利用できるサイトです。

保育ひろばって?評判や口コミで見えるメリットとデメリット!

「保育ひろば」は、保育士さんや幼稚園教諭さん向けの転職支援サイトとしてとても有名なサイトの一つです。業界トップクラスの求人数を誇り、全国に対応しています。登録から入職までになんと最短2週間ということで、かなりスピーディーな転職が可能になっています。「保育ひろば」はどんなサービス・サイトを利用した人の評価は?サイトの特徴や口コミ評価などをまとめていきます。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E7%B4%B9%E4%BB%8B

げんきワーク

元気ワークでも、保育士の求人を検索できるほか、無料の転職サポートがあります。こちらのサイトでは信頼できる提携業者と一緒に転職サポートを行っていて、各職種専門のキャリアカウンセラーによる仕事探しのお手伝いのサービスがあります。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事