保育園や幼稚園の1年間のイベントや行事を知っておこう!

保育園や幼稚園の1年間のイベントや行事を知っておこう!

園によって、どのイベント、行事に力を入れるかということが違ってきますけど、今回は多くの保育園や幼稚園で行われているイベントを1年間分をまとめてみました!どの季節に、どのイベントがどんな目的で行われているのか、チェックしてみてくださいね♪

保育園や幼稚園のイベント!

イベント

保育園や幼稚園では、毎月のようにイベントがありますよね!子どもたちも、そのイベントを楽しみにしていて、それは保護者に子どもたちの成長を披露する場ともなっています。

先生にとったら、行事の前にはその準備などで本当に忙しくなりますが、それは子どもたちがさまざまな経験を通してより成長したり、刺激を受けたり、楽しんだりするためのとても大切なイベントなので、力も入ります。

園によって、どのイベント、行事に力を入れるかということが違ってきますけど、今回は多くの保育園や幼稚園で行われているイベントを1年間分、まとめてみました!

どの季節に、どのイベントがどんな目的で行われているのか、チェックしてみてくださいね♪

春のイベント①始業式と入園式

サクラ

春はなんといっても、新しい生活のスタートの季節ですよね。保育園や幼稚園にとっても4月から新年度が始まり、新しく入園してくる子どもたちがいたり、進級して新しいクラスでまた1年がスタートします。

子どもたちにとっても、新しい環境の中でのスタートとなるので、まだまだなれなくて不安な気持ちや、複雑な気持ちを抱えているところでしょう。保護者としも、同じく不安などを持っている時期と言えますが、そんな新しいスタートを明るく切って、前向きにスタートしてもらうために必要なのが、始業式と入園式となります。

入園式は、新しく入園する子どもたちが保護者と一緒に登園するときに行われます。保育園では一般に4月1日から通園するので、その通園初日に入園式が行われたりします。しかし中には、少し日をずらして、ちょっと落ち着いてから4月の第一週のうちのどこかに行う園もあります。

さらに、大掛かりな入園式は行わない園もあります。保育園は、保育に欠ける子どもたちを預かる場所なので、保護者の中には仕事の都合や何らかの理由によって入園式に参加できない、ということもあるからです。それで、子どもたちだけで入園式をして、保護者は自由参加というところもあります。

幼稚園の場合、多くの場合にはその地域の小学校、中学校の入学式と同じような時に入園式が行われます。

入園式では、園長先生からのあいさつや、来賓あいさつ、お祝いの言葉、担任の先生の紹介、写真撮影、在園児のお歌などがあったりします。

幼稚園の場合、式典が大掛かりのこともありますが、保育園の場合は園児も0~5歳までとなっているし、保護者も仕事をしている人が多いので、短時間で簡単に終わるということも多いですね。

始業式は、すでに在園している子どもたちが進級してから初めて登園する日に行われます。園長先生のお話をきいたり、新しい担任の先生の発表があったりします。大体、始業式の日は半日保育で、みんなで集会室に集まって過ごして終わりです。

春のイベント②遠足

遠足

春は心地の良い季節です。気温もちょうどよく、お花が咲いていたり、虫もいっぱいいたり、園児たちにとって興味をそそる自然のものがたくさん出てきます。

それで、春に遠足をイベントとして行うところも多いですね。ただし、まだ新しい園児たちがいる学年では、みんなで列になって歩くということが難しいため、春ではなく秋ごろに遠足をするところもあります。さらに、親子での遠足にするところもあります。

遠足では、普段は園内という限られた範囲の中で過ごす子どもたちが、活動の幅を広げて、いつもとはちょっと違った体験ができる機会です。

バスに乗ったり、みんなで初めての場所を歩いたり、博物館に行って新しい体験をしたりと、子どもにとってはワクワクすることがいっぱいですし、自然にたくさん触れたり、四季を感じる機会にもなります。

それに、いつものお散歩とはちょっと違って、保護者の方が作ってくれたお弁当などを外で食べるという体験は、子どもたちにとっては新鮮で、それだけでとっても楽しそうにしていますよね。

それに、公共の場所でのマナーを学んだりする機会にもなります。最初は近場などで慣れるようにして、年齢が上がると公共の施設などにバスに乗って出かけることもできます。

春の行事③こどもの日

子ども

5月にはこどもの日がありますが、先生たちにとって、これが新学期になって初めての大掛かりな製作物となるかもしれません。子どもの日には、おおきなこいのぼりを作って飾る園は多いですね。

幼児であれば、子どもたちと一緒に製作することもあります。子どもたちみんなで大きなこいのぼりの色を塗ったり、それぞれが一つ一つ自分のこいのぼりを作ることもあります。子どもたちは、自分たちが製作したものを飾る楽しさや喜びを味わることができます。

さらに、5月の母の日や6月の父の日でも、いつもお世話をしてくれている大好きなお父さんお母さんへのプレゼントを作ったりします。似顔絵を描いたり、お花を折り紙で作ったり、ダンスを披露したりと、感謝の気持ちを形にして表すことを覚えます。

その他の春の行事

春には他にも、健康診断や歯科検診などを行ったりします。それに防災訓練や避難訓練も行うことがあります。これは、子どもたちの健康と安全を守るためにとても大事なことですよね。

子どもたちの健康状態をチェックし、さらに訓練によって子どもたちも先生たちも危険にどのように対処できるのか、いざという時にどうやって身を守ることができるのかを確認します。

夏の行事①プール開き

プール

子どもたちって夏が好きですよね!ギラギラの太陽にテンションも上がります。そんな夏のお約束はプールです。

園内にプールがあるところもありますし、無いところは近くの学校のプールを借りたり、市営プールに通ったりしているようですね。

プールでは、水に慣れることを目的として、子どもたちが楽しめるように指導しています。先生たちが自分で指導することもあるし、プールに力を入れている園では、専門の指導者によって子どもたちに泳ぎを教えているところもあります。

最初は子どもたちは水を怖がることが多いですけど、水の中に入って浮いたり、遊んだりすることから水に親しむことができます。そして、徐々にビート板を使ったりしながらバタ足をしたりして、本格的に水の中で体を上手に動かすことを学ぶことができるでしょう。

夏の行事②お泊り保育

寝る子ども

子どもたちにとって、ワクワクドキドキのイベントの一つが、お泊り会です。このお泊り保育は5歳児である年長さんを対象としています。

普段は、毎日朝に園に通い、夜になると家に帰る、という子どもたちが、親がいないところで、お友だちや先生と一緒にお泊りをする、と言うことはかなり刺激的で、新しい体験なのです。

このお泊り保育の目的は、自分のことを自分でできるようになることです。いつもは家で保護者の方がいるのに、お泊り会ではお父さんもお母さんもいません。

それでも、ご飯を食べて、お風呂に入って、歯を磨いて寝て、朝には時間に起きて、挨拶をするという日常の規則正しい生活を、お友だちや先生と一緒に全部自分で行えるようにします。そうやって、大人になるステップを踏むのです。

そのような体験から、自立心を育てたり、自信を持たせることを目的としていたり、さらには共同生活の中での協調性を育てるという狙いもあります。

園の中に泊まるということもありますし、みんなでバスに乗ってお泊り氏に行くこともあります。一泊だけのところもあれば、二泊するところもあります。

何をするかというと、例えば昼間にはみんなでゲームをしたり、ハイキングをしたり、みんなで買い物に行ったり夕食を作ったり、さらには夜に花火やキャンプファイヤーをしたりと、星空を眺めたりと楽しいことが盛りだくさんです。

その他の夏の行事

他には、7月には七夕まつりがあったりします。それに、子どもたちにとっては夏休みもあります。期間はその園によって違いますが、保護者と一緒に長く過ごせる時間となりますね。

秋の行事①運動会

運動する子ども

秋は行事が盛りだくさんなのですが、その中でも一番盛り上がるのは運動会かもしれませんね。運動会は、子どもたちの発達や成長を保護者に伝えることのできる機会となります。

それは、子どもたちにとって何か特別なことではなくても、日々の中でできていることを保護者に見てもらって、褒めてもらったり、喜んでもらったりして、誇らしい気持ちや自信を持たせることにもなります。

園側にとっても、とても大事な行事となるので先生たちは、どんなことなら子どもたちが喜んで主体的に取り組むことができるか、ということをたくさん話し合います。つまり、子どもたちにとって無理にやらされていることをするのではなく、子どもたちが率先してやってみたい!と思えることは何かを考えます。

年齢によってもできることは違いますけど、子どもたちとしても、体を動かすことの楽しさとか、仲間と一緒に一つのことを達成する喜び、友だちと団結したり、共感したりするときの高揚感などを感じることのできる時となることでしょう。

そして、親子で行う競技なども取り入れることによって、親子の絆を深めてもらうこともできます。

秋の遠足

春に遠足をする園も多いですが、秋にも遠足をする園があります。秋には、秋の美しさがありますので、子どもたちは四季折々の季節を楽しむことを知ることができるでしょう。

春の遠足と同様、公共施設でのマナーを学ぶことや、普段は体験できないことをしたり、動物を触れ合ってみたり、自然の中でお弁当を食べたりと、のびのびと心と身体にたくさんの刺激を受ける機会となります。

その他の秋の行事

ハロウィン

他にも、園によっては芋ほり体験などをするところもあります。園の中に畑を作って、そこでみんなでイモを植えて、それを収穫するのです。普段、家庭では土を触る事の無い子どもたちも、自分たちの畑を掘って、そこからイモが出てくるという宝物探しのような体験はワクワクするようです。

そして、自分で獲ったイモや格別に美味しく感じるものですよね。園でみんなでや肝パーティーをしたり、調理して食べるところもあれば、家庭に持ち帰るというところもありますけど、食物を育てて収穫する喜びを味わうことができます。

さらに、ハロウィンパーティーで仮装をしたりするところもあります。さらに、保護者も参加してバザーを開催するところもありますね。

さらに、お店屋さんごっことして、子どもたちが廃材を使っていろいろなものを作ってお店で売る、というイベントをやっているところもあります。子どもたちとしては、自分なりのお店のイメージを作って、それを形にして、みんなに売ったり、お友だちのお店に買いに行ったりと、すごく楽しいイベントです。

自分のお店を持つ、ということは、また新たな角度でお買い物を楽しめるので、子どもたちにとってはとてもワクワクできる体験でしょうね。

冬の行事①お遊戯会

お遊戯

お遊戯会では、子どもたちのはダンスや音楽演奏などを披露します。その園によって、どんなことをするのかは全然違いますが、運動会と同様、力を入れているイベントでしょう。

音楽に力を入れている園では、音楽発表会をしたり、運動をメインにしている園では体育発表会というイベントになっていたりします。

お遊戯会では、集団で一つのことを表現する楽しさや、保護者などのたくさんの人の前で披露することの緊張感とか楽しさを味わうことができます。

みんなで一つのことをいっぱい練習してできるようになるためには、協力する必要もあるし、時には上手にできている子がお友だちに教えてあげるということもあります。そのような協調性などを育む機会にもなるでしょう。

そして、保護者としても、自分の我が子が人前で一生懸命に披露する姿というのは誇らしく、成長に感動するときにもなります。

ただ、子どもにとってやらされている感のあるお遊戯会というのは、見ていてちょっとイヤですよね。やっぱり、子どもたちが楽しそうに自己表現できていたり、お友だちと一緒に協力する一体感を味わっていたりできるような、お遊戯会は見ていて楽しくなりますね。

冬の行事②作品展

展示会

作品展として、子どもたちの製作物や、絵などを展示したイベントを開催します。これは、一年間の成長を形にするということでも、園としての集大成としての意識もあると思います。

子どもたちが、1年間の間に描いたものや、作ったものを展示します。

さらに子どもたちは作品展に向けて製作をしますけど、廃材とか紙とかテープなどを使って、自分なりのいろいろな作品を作るのってものすごくイメージを膨らませる必要がありますので、子どもたちの想像力を伸ばすことができそうですね。

子どもたちはそれぞれの個性と想像力を発揮して、それぞれの作品を作り上げますし、お友だちとの共同作品を作ったりして、その成果を保護者などに見てもらって楽しんでもらうことができます。

そして、みんなで大きなものを一つ作ったりして、仲間と力を合わせて作り上げる楽しさや難しさなども体験できるでしょう。

子どもたちは自分たちが一生懸命に作ったものを見て、褒めてもらうととても自信がつくし、うれしいですし、保護者としても子どもの成長や持っている個性や可能性を実感できると思います。

冬の行事③終業式と卒業式

卒業

1年間、先生とお友だちと一緒に過ごしてきた園生活も終わりとなります。終業式では、1年間を振り返って、次には一つ上のクラスになって、新しいクラスで新しい先生と過ごすことが話されるでしょう。

そして、卒園式では年長さんたちが4月から小学生になることをみんなで喜びます。園としては、子どもたちがみんな元気に園を卒業して、元気に小学校に入学することを目的に保育を一生懸命に考え実施してきたと思います。

それで、子どもたちが園を卒業する時にはとても誇らしい気持ちになるでしょう。

卒園式では、園長先生から一人ひとり卒園証書を受け取ります。

小さいころからその子を見てきた先生にとっては、卒園は誇らしい気持ちと感動で涙が出ることもあるでしょう。立派な姿で新1年生として、4月から小学校に行くことを考えると、達成感を感じると思います。

それに、保護者にとっても子どもにとっても、また新しい生活がスタートするわけで、これまでの成長を考えると、本当にうれしい気持ちになるでしょう。

その他の冬の行事

冬

他にも、冬にはクリスマス会や餅つき大会などのイベントをする園も多いです。

クリスマス会は、宗教的な関係で行わない園もありますが、プレゼント交換やツリーの飾りつけや、歌を歌うことなどを行うところもあります。

さらに、餅つき大会では親子で一緒につきたてのお餅を食べたり、子どもたちにとってはお米がお餅になるまでの過程を観察することができる機会になります。つきたてのお餅をみんなで食べる、これだけでとっても楽しくて、みんなの絆も深まりますね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

保育士の転職を成功させるために大事なことのすべて!

誰でも一度は「こんな仕事やめてやるっ!」って思った事があると思います。保育士だって当然あります。今回は転職しようと考えはじめた保育士が成功するための情報をすべてまとめてみました。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%92%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB%E5%A4%A7%E4%BA%8B%E3%81%AA%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%EF%BC%81

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事