4歳児の保育のポイント!接し方やサポート方法について

4歳児の保育のポイント!接し方やサポート方法について

今回は第一反抗期と言われる4歳児の特徴や、さらには保育をしていくうえで、どのように関わり、効果的に子どもたちの成長を見守り、サポートしていくことができるのか、そのポイントをご紹介していきましょう。

4歳児の保育のポイント

四歳児

第一反抗期の真っただ中と言われる4歳児。お兄ちゃん、お姉ちゃんとしての行動が見られ、自分よりも小さい子どもをお世話するようになったり、お母さんが具合悪いと、看病してくれたりと、成長がみられる反面、まだまだ甘えたいとか、思うようにならない時にはかんしゃくも起こします。

お友だちともいっぱい遊ぶようになり、社会性を身に着けている時ともいえるでしょう。そして、大人ともたくさん会話を楽しむことができるようになります。

そんな4歳児は、感情的な動揺も大きく、第一反抗期とも言われているほど保護者や保育者を悩ませることがあります。それで、どのように関わっていけばいいのか、という事を考えたり、悩んだりすることもあるでしょう。

では、第一反抗期と言われる4歳児の特徴や、さらには保育をしていくうえで、どのように関わり、効果的に子どもたちの成長を見守り、サポートしていくことができるのか、そのポイントをご紹介していきましょう。

4歳児の身体的な特徴

四歳児

4歳児というと、幼稚園でいえば年少さんと年長さんの中間という年ですね。それで、お兄ちゃん、お姉ちゃんとなる、あるいはなりたいと思う瞬間もあれば、まだまだ時期でもあります。

では、まずそんな4歳児には身体的にどんな成長が見られるのか、調べてみましょう。

平均すると男の子は4歳のお誕生日のときには身長が100cmくらいです。そして、1年間の間で平均6.6cmほど伸びます。

女の子の場合、4歳になった時の平均身長は99.5cmです。そして、1年間で6.7cmほど伸びるようです。

体重は、男の子の平均が4歳の前半で16.15㎏、4歳の後半で17.27㎏です。女の子の場合だと、4歳の前半は15.73㎏、4歳の後半で16.79㎏だそうです。

もちろん、身長も体重もその子によって個人差があり、体が大きい子もいれば小さい子もいますが、体全体のバランスが取れてくるころです。そして、子どもたちのパワーはどんどんと増していて、とても活動的になります。

今までよく病気をしていた子どもも、比較的病気にかかりにくくなります。もちろん、食生活に気を配り、外で日光に当たることなどを意識してあげるとよいでしょう。

4歳になると、走ることもジャンプすることも安定感が出てくるので、周りが不安に感じることなくできるようになってきます。スピードの変化をつけたり、片足でケンケンしたり、スキップもだんだんとできるようになってきます。

そして、公園でもいろいろな遊具を使って遊ぶことができるようになります。滑り台を降りたり、ブランコに乗ったり、ジャングルジムによじ登ったりと、いろいろな動きを問題なくできるようになります。三輪車に乗ってかなり早いスピードで移動したりもします。

ボールの使い方も、下から投げるだけでなく、片足を踏み込んで上から投げることができるようになります。大きなボールを受け止めることもします。しゃがんで歩くという事もできるようになります。

そして、冒険心もあるので様々なことにチャンレンジするようになるでしょう。それで、いろいろな身体の動きをする運動をいっぱいさせてあげるとよいでしょう。

さらに、手先もどんどんと器用になりますので、歯磨きも自分で上の歯も下の歯も磨けるようになります。紐を結んだり、はさみをつかって丸を切り出すこともできるようになります。

お絵かきでも、自分の中のイメージを思っている通りに描けるようになってきます。

そして、自分の服を畳んだり、鼻水をかんだり、靴を履いたりと、自分で身の回りのことを上手にできるようになるので、できるだけ自分のことは自分でさせてあげるとよいでしょう。

知能と心の成長

四歳児

4歳になると、お片付けの場所やいつもの道などを覚えるようになってきます。そして過去のことをよく覚えています。それで、「ここ来たことある!」と言ったり、「前もコレしたことある!」と言ったりします。

そして、比較の表現も使うようになってきます。長いと短いとか、軽いと重いなどです。それで、会話の表現力もどんどんと増していきますし、自分の名前や年齢やお誕生日などもはっきりと伝えることができるようになってきます。

日常会話も問題なくできるようになり、悪い言葉を覚えたりもします。

そして、「なんで?」「どうして?」という事を盛んに尋ねるでしょう。子どもは質問しながら成長します。

それは、周りにある事柄に対してとても興味や関心を持っている証拠です。この時に大人としては、適当なことを言うのではなく、もちろん子どもの理解できる程度のことですが、しっかりと本当のことを教えてあげられるようにしたいですよね。

よく4歳ごろになるとウソをつくようになる、という事を聞きますが、それはもしかしたら空想と現実が混ざってしまっているせいかもしれません。この時期、子どもたちの想像力というのは増していきます。

それで、空想の世界ができていて、その世界の出来事をさも現実のことのように話す、ということがあるようです。しかし、これは悪気があってついているウソではないので、すぐに否定したり、怒ったりしない方がいいでしょう。

いたずらっ子も多いですが、そのことを叱ってばかりいると、ごまかすような発言をすることもあります。

いっぱいおしゃべりをするようになる頃ですが、うるさいとか思ったり、迷惑がらずにお話をいっぱい聞いてあげたいですよね。

4歳になると、長いストーリー性のあるお話を聞くのが好きになります。そして、パズルなども楽しむようになり、ブロック遊びが積み木遊びをしている中で、作品に名前を付けたりもします。

色に興味を持ち、それぞれ好きな色が出てきますし、お友だちとのごっこ遊びも盛り上がります。

お友だちと一緒に遊ぶ中で、ルールを決めたり、相手との折り合いをつけながら遊んだりと社会性を身に着けていく時期とも言えます。相手の気持ちを汲み取ることができるので、ケンカになっても解決できるようになってきます。

しかし、まだまだ甘えたい時期ですし、自分の要求が通らないとかんしゃくをおこしたり、思い通りにならなかったときにしくしく泣いたりすることもあります。ごっこ遊びをするときなんかは、役を決める際によくケンカになったり、誰かが泣いてしまったりすることがあります。

でもそうやって、この時期に、お友だちとの遊びの中で思い通りにならないこともあることを経験し、我慢が必要な時もあることなども知り、感情の葛藤を経験しながら、感情をコントロールすることを学んでいるのですね。

そして、自分よりも小さい子どもを面倒見ようとしたりもします。しかし、自分たちが遊んでいるときに妹や弟に邪魔されると怒ったりもします。

大好きなお母さんなどが病気になると看病しようともしたりします。そうゆう、同情心とか他の人の気持ちを理解するなどの、心の成長を感じることができる時期なのですね。

4歳児の第一反抗期とは!?

四歳児

4歳児の子どもたちは、「いやだ!」と言ったり、「これして!」と言ったりと、2歳のころに始まるイヤイヤ期とはまた違った、反抗期が始まります。

そして、この頃になると言葉も達者になってくるので、汚い言葉を使って反抗したりすることもあり、それも体力も力もあるもんだから、暴れまわったり、長い時間ずっと泣きわめいたりと、大人もノイローゼになってしまうのではないか・・・と思うくらいの、何をどうしたらいいのかわからないくらい、自己主張をするようになってきます。

このような、汚い言葉や否定の言葉を連発する、あるいは要求が多い、そして一度泣きわめいたら止まらないとか、かんしゃくを起こすとか、保護者も保育者もヘトヘトになってしまいそうなくらい、パワーアップするのです。

しかし、この4歳ごろになると現れる第一反抗期というのは、子どもたちの中に、「こうしたい」、「こう言いたい」という自己主張が強くなっている証拠であり、それは何か問題があるわけではなく、いたって正常なのです。つまり、子どもたちの中の一種の”やる気”がみなぎっている、という事もあるのです。

そして、それは子どもたちが自立するために必要な段階でもあるそうです。

もちろん、やってはいけないこと、ルールがあること、ダメなものはダメ、という事を伝え続けなくてはいけないし、それに対して全力で抵抗してきたり、生意気なことを言ってきたり、泣きわめいたりされると、もうストレスが溜まってしまうのですが、子どもが成長する段階として大切な時期であることを覚えておいて、乗り越えていかなくてはいけません。

むしろ、第一反抗期がない子どもの方が心配という専門家もいるくらいですからね。そ子どもたちは、自分でできることが増え、いろいろなことを理解するにつれて、自分の気持ちとの葛藤があったりして、気持ちと反対のことが言いたい、「いやだ!」と反発したい、という気持ちが出てくるようです。

それで、イヤイヤ期が始まった時も保護者も保育者も大変だったかもしれませんが、4歳児というのは得に感情が不安定になりますし、反抗期になるので、対応が難しくなる年齢と言えます。

では、どうしたらそんな心の葛藤をしながら成長し、そして不安定になりやすい4歳児の子どもたちと、上手に関わり、保育していくことができるのでしょうか?では、そのポイントを調べてみましょう。

おしゃべりをよく聞いてあげる

四歳児

4歳になると、言葉もよく覚えてきていっぱいおしゃべりするようになります。今日あったことや、自分の気持ちなども上手に表現できるようになります。それで、大人にいろいろと感じたこととか、体験したことを話すようになります。

忙しいと、ちょっと聞くのも大変になってきますけど、そのおしゃべりを聞いてあげることで、子どもたちを受け入れているという事を感じさせてあげることができます。それで、おしゃべりに付き合ってあげましょう。

そして、先ほども触れましたがこのころ、想像力がかなり豊かになり、空想もいっぱいしていて、その空想とか自分の願望とかを、現実のことのように話すこともあります。

大人としては「ありえない!」という事もわかるし、ウソでしょって思ってしまうのですが、子どもたちは、それを悪気があってウソを付いているのではなく、ただ単に空想と現実が混ざってしまっている、という事もあります。

それで、頭ごなしに「ウソばっかり!」というように、おしゃべりを否定したり、しかりつけたいするのではなく、よく話を聞いてあげましょう。

もちろん、悪気のあるウソを付いているとわかる時には、ウソは悪いという事を教えてあげる必要があります。例えば、叱られるようなことをして、それをごまかすためにウソを付いている場合などです。

しかし、その時にも頭ごなしに怒るのではなく、どうしてそうゆうウソを付くのがいけないのか、ウソを付くとどうなるのか、という事を子どもが理解できるように話し、子どもたちの気持ち、例えば「怒られるのがイヤ」という気持ちに理解をしつつ、どうしたらよかったのか、という事を一緒に考えられるとよいですよね。

そして、子どもが本当のことを言えた時には、「本当のことを話してくれてありがとう」という風に、子どもを褒めてあげましょう。

ウソを付くのにも、子どもなりの理由があります。それで、そのような気持ちに配慮しながら、それでもダメなことダメ、悪いことは悪い、という事を理解できるように教え、正しい行動ができるように教えてあげられるとよいですね。

約束は守る

四歳児

子どもたちのおしゃべりをよく聞いてあげる、という事はとても大事なのですが、いつでも時間が取れるわけでもありませんよね。保育士は一人の子どもの話を一日中聞いてあげることはできません。

それで、聞けない時にはしっかりと説明して、「○○だから、今お話聞けないから、明日また聞かせてね」などと約束することもあるかもしれません。

もし、そのような約束をしたなら、約束は絶対に守りましょう。

子どもは、大人が約束を守るかどうかをよく見ていますし、その約束を覚えています。それで大人が約束を守らないなら、子どもたちにも約束を守ることなど教えることはできません。

大人も、間違いをしたらごめんなさいと謝ったり、約束を守ったり、とお手本となって見せてあげることもとても大切なことだと思います。

「いやだ!」を受け止める

四歳児

園などでクラス全体で何かをするときにも、「いやだ!」とか、「やりたくない!」という子が出てきます。つまり、反抗的になるのです。

そのような時には、「困ったな・・・」とイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、ここで感情的になってはいけません。

子どもの中には、本当にやりたくない、という気持ちではなくても、自分の注目してほしいとか、何か気持ちの葛藤があって「やりたくない」という、否定的な言葉や、反抗的な態度をとりたくなる子もいるようです。

それで、子どものそのような反応を一度受け止めてあげるとよいでしょう。つまり、すぐに頭ごなしに、その言葉や反応を叱って押さえつけようとしたり、強制しようとするのではなく、その反応をいったん受け止めて、様子を見るのです。

「そうか」と一旦受け止めて、そのあとにその子の様子を見守って、どうしてそうゆう反応をしているのか、見極められるといいですね。もし、注目してほしいという事なのであれば、スキンシップを取ったり、感情的に不安定になっているだけであれば、好きなもので気持ちの切り替えをして気分がよくなるようにサポートしてあげたり、という事ができるかもしれません。

それで、「いやだ!」という反応を責めたり、否定したりせずに、その子を受け入れながら、難しいのですが、その反応の意味を理解してあげられるように努めたいと思います。

「なんで?」を受け止める

四歳児

たくさんのことを理解してくると、もっと興味を示して、「どうして?」、「なぜ?」という事をいっぱい聞きたがる4歳児ですが、このころには保育士が言うことに、常に「なんで?」と聞いてくることもあります。

「○○をしようね!」というと、すかさず「なんで?」と聞かれると、「もう、なんでもだよ!」とか、「静かにして」と言いたくなってしまう時もあるかもしれませんけど、子どもたちがそのように言うのは、そのことに興味があるからです。

それで、できるだけその「なんで?」攻撃も受け止めましょう。

こちらが話している最中に、話を遮って「なんで?」と聞いてくる時には、「なんでだと思う?」とこちらから聞いてみたりして、子ども自身に考えさせたり、「お話を最後まで聞くとわかるよ」とヒントを上げたりしながら、子どもたちの「なんで?」を無視しないで、受け入れてあげることができます。

そして、「これなんで?」と聞いてくることがあったら、「じゃあ、調べてみようか」と言って一緒に本を調べたり、調べる方法を教えてあげることもできるでしょう。子どもたちが自分でその疑問を解決できるような方法を教えてあげたり、自分で解決するように促すことは、その子の今後の成長にも役立つことでしょう。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事