30代の保育士が転職をするときに気をつけるべきポイントはこれ!

30代の保育士が転職をするときに気をつけるべきポイントはこれ!

保育士としてのいろいろな経験も培い、さらに自分の状況的にも変わる事が多いのが30代。新人だった頃の20代とは違って、ある程度の自分のやり方、もしくはやりたい事なども見つかると思います。今回は30代の保育士が転職する際に気をつけるべきポイントをまとめました!

30代の保育士が転職をするときに気をつけるべきポイント

30代の保育士転職ポイント

保育士としてのいろいろな経験も培い、さらに自分の状況的にも変わる事が多いのが30代。

新人だった頃の20代とは違って、ある程度の自分のやり方、もしくはやりたい事なども見つかると思いますし、それに加えて結婚、妊娠、出産と言った人生の大きな変化も経験するときでもあります。

そんな30代で、転職したいな〜と思ったとき、「でも、30代での転職って難しかったりするのかな?」という不安も感じる事があるかもしれません。

そこで、今回は30代の保育士さんが転職するときに気をつけるべきポイントに付いて、まとめていきたいと思います。

30代で転職を考える理由とはどんなものがあるのか、30代の転職は難しいのか、どうしたら失敗しない転職できるのか、という視点からご紹介していきたいと思います。

30代の保育士が転職する理由って!?

一般に30代と言うと、それなりの経験やスキルを磨き、そろそろ上の立場にも着くようになってきた頃ですよね。そんな中、「転職しようかな・・・」と考える人も少なく無いようなのです。

あなたもその一人かもしれません。実際、30代の保育士のなんと3割は転職を考えている、というデータもあるようです。

今までの職場を離れて、新しい職場で自分を活かす、というのは、簡単に見えて覚悟も必要なことでもあります。まあ、保育士が職場を変えると言うのは全然珍しい事ではありません。

ただ、30代にもなると若干転職に難しさを感じるのが現実です。

一般的にもそうですけど、30代というある程度の年齢になったときに、簡単な理由や明確な理由がない場合に、転職を繰り返しているとあまりいいイメージではありません。

今保育士は売り手市場で、保育士側が職場を選べる、という感じですけど、実際35歳を過ぎたあたりから転職が難しくなってきた、と感じている保育士もいるようです。

しかし、それでも転職を考えている、ということなら、きっと皆さんそれなりの理由を持っていると思います。

では、どんな理由や原因で転職を考えるのでしょうか?

例えば、人間関係の問題があります。

これは、30代に限らずに経験している人が多いことでしょう。職場でなんらかの人間関係のトラブルが起きてしまい、自分の居場所がなくなった、仲間から無視されている、ということで、仕事が本当にやりにくくなってしまっている人もいるかもしれません。

人間関係のトラブルというのは、よくあることとはいえ、その精神的なダメージはかなり深刻ですよね。

毎日働く職場で、辛い思いをしていて、その解決の道や希望が全然見えない、と思うと、職場を変えることを望むかもしれません。

さらに、給料が安いということが原因で転職を考える人も多いようです。30代になると、結婚や子育てについても真剣に考えるようになります。

実際、保育士さんの年収はどのくらいかというと、全国の平均が312万円だそうです。

つまり、平均月収が約18万ほどになります。

30代になっても、そのくらいの月収しかないことが、これからの将来を考えたときに不安にさせたり、正直なところこれではやっていくことができない!と思う人もいるようです。

それに加えて、労働時間が長すぎるということで、転職を希望する人もでてくるようです。確かに、保育士さんの仕事って残業が当たり前です。

子どもたちがいる時間が忙しいのはもちろん、それ以外に週案や月案をつくったり、その他の書類を作成したり、イベントや行事の準備などもあり、常に残業がある、という人もいます。

それに、持ち帰りの仕事もありますよね。

行事のための準備や制作物を家でする必要があったりして、家に帰ってもほっとする時間がない、のです。

家庭を持っている、あるいはこれから家庭を持ちたい、という人などにとって、残業がたくさんあることや、持ち帰りの仕事があることが、家庭と仕事の両立を難しくしている、ということもあります。それで、「残業なし」の職場を希望するのです。

このような様々な理由から、今の職場から転職して、より自分の希望ややりたいこととマッチしている仕事に転職をしたい、と考えているわけですね。

保育士にも30代の壁って本当にあるの!?

一般に35歳からの転職は難しい、ということがよく言われます。

これは保育士に限ったことではなく、一般にどの職業においても、35歳以上になると年齢的に転職がうまくいかなくなる、ということです。でも、この売り手市場の保育士業界において、この30代の壁というのは本当にあるのか!?ということも気になることでしょう。

調べてみると、じつは30代の壁がある場合と、逆に30代であることを強みにできる場合があることがわかります。つまり、強みにできれば30代で転職するのは、すごく”アリ!”なのです。

では、どんな場合に保育士として30代という年齢が強みになるのでしょうか?それは、即戦力になれる場合です。

今の現状、やはりどこでも保育士不足がおこっています。それで、年齢関係なく転職がしやすい、といえるのが保育士としての資格を活かした仕事です。

それに、30代というと、これまでもうすでに保育士として何年か経験を積んできていることになります。それで、よく周囲のお手本ともなる存在です。

それで、採用する側としては、新人よりもむしろある程度経験とスキルのある30代の保育士の方が欲しい、つまり即戦力になってくれる人材が欲しいと思うわけです。

では、逆に30代という年齢が転職において壁となってしまう場合というのは、どうゆうことなのでしょうか?

それは、公立保育園の正社員になりたい、という場合です。この場合、じつは多くの公立の保育園では、運営元の市町村から、新しく保育士を採用するときの年齢制限というものを課しています。

それが一般的に、20代なんです。

つまり、30代は、もう年齢で条件から外れてしまっているので、採用されないということがあります。市町村の中には、この年齢のボーダーラインをもう少し上に設定しているところもあります。しかし、そうはいっても35歳以上となると難しいといえるでしょう。

それで、保育士として30代の壁を感じるとしたら、公立保育園の正社員という立場になりたい、という場合です。

しかし、臨時職員としてならOKという場合もあります。

それで、30代での転職となると、少しだけ選択肢が少なくなるということですね。

そして、やはり30代になると家庭を持っている人もいたり、まだ独身でもこれから結婚、妊娠、出産が控えている年齢でもあります。それで、保育園として「年齢制限なし」で求人を出しているとしても、じつは20代の前半、つまり、まだ若くて独身の人を求めているところが多いです。

保育士として、まだまだ自由で、自己都合で休む可能性の低い人を採用したいと思っているのです。

やはり、保育園というと残業も多いですし、人の足りない園などでは、どうしても簡単に休まれると困るわけで、家庭を持っている人よりも独身者を求めるわけですね。

しかし、そうはいっても30代という今までの経験や知識やスキルが、強みとなって、逆に転職に有利になる場合もある、ということです。

30代の転職の注意点

30代の保育士転職

まだまだ30代の保育士の需要はあり、即戦力となるという点では有利ということでしたが、現実問題やはり若い20代の保育士を求めている園は多く、とくに35歳以上になると、転職の難しさを感じやすくなるといえます。

それで、30代で転職する際に気を付けたい点もあります。

まず、安易な理由で簡単に転職しないことです。

30代ともなると売り手市場で転職できる最後のチャンスとなります。それで、転職するとしたなら、転職先を慎重に決めなくてはいけません。

これから年々転職しにくくなることを考えると、よりよい職場で働きたい、もっと自分を活かせる職に就きたい、と思っても、その希望や条件にマッチした職場に転職するのが難しくなる可能性があります。

それで、30代で新しい職場を見つける場合には、慎重に選んでください。

例えば、ただ「転職したい」と思ったとしても、「どうして転職したいのか?」、「自分が本当に求めていることは何なのか?」ということが、自分ではっきりと理解できていますか?

ただ「なんとなく」とか、「今の職場が合わないから」という理由で、簡単に転職してしまうのは危険です。

給与が高い所に入社したいのか、あるいは働く時間が短いところに転職したいのか、それとも休みが確実に取れるところがいいのか、という点で、あなたにとって一番大切なことは何でしょうか?

もちろん、条件全てに完璧にマッチしている求人なんてほとんどないと思います。しかし、人によって、一番優先したいこと、自分にとって譲れないところがあるはずです。

しかし、よく自己分析し、これからの自分について考え人生設計やキャリアプランができていないと、本当に自分が必要としていること、本当に優先したい条件というものがハッキリせずに、転職しても結局あまり満足できないところに入社してしまう恐れがあります。

それで、譲れない条件や理想と、ここは妥協できるという条件を決めておきましょう。妥協できるといっても、どこまでが妥協範囲なのかということもはっきりさせておくといいでしょう。なかなか、頭だけではハッキリと条件やラインを決められないという人は、実際に紙に書いて明確な条件を出しておくとよいと思います。

さらに、30代で転職する際の注意点としては、転職するデメリットをしっかりと理解しておく、ということがあります。転職は、確かに新しい職場で新たなスタートを切れる、という前向きな選択です。

しかし、30代ともなるといろいろな問題も出てきてしまいます。例えば、30代は経験とスキルがあって即戦力になれることが強みです。

しかし、その強みが逆に自分にプレッシャーをかけることもあります。

30代は主任などを任されるような年代です。保育園側は、30代の保育士に即戦力としての期待をかけて採用しています。

それなのに、保育園側もしくは、そこですでに働いている保育士からの期待に応えられないとしたら、「こんなこともできないの!?」とか「こんなことも知らないの!?」という批判や冷たい目を受けることもあるでしょう。

逆に、新たな職場では、自分よりもスキルも経験も知識も少なくて、自分から見たら仕事ができない年下の保育士さんが上司になることもよくあります。それでも、自分より年下の仕事ができない保育士さんに協力し、イライラすることもあるかもしれませんが、その人を自分の上司として働かなくてはいけないのです。

さらに、どんな年齢での転職でも言えることですけど、新しい職場では新しい人間関係を築くのにある程度の時間と努力が必要となります。そして、その園や施設によって今までのやり方や方針が全く違うことがあるので、そのような変化も受け入れなくてはいけません。

自分がやりたいこと、目標としている保育というものがあるなら、その自分のポリシーややりたい保育と、転職先の方針がマッチしていることも重要なポイントとなるでしょう。

30代の保育士の転職を成功させるためのポイント

では、30代での転職を成功させるためには、どんなことを意識するとよいのでしょうか?

そのポイントをみていきましょう。

一つのポイントとして、やはり必要なのはまずは自己分析です。先ほどの注意点のところでも、少し紹介しましたが、転職するときにアバウトな理由もしくは、アバウトな条件を考えて、なんとなく「今よりもいい条件の職場はないかな~」と転職先を探しているだけでは、失敗してしまうことがよくあります。

やはり大切なのは、自分が求める条件についてよく考えることです。転職する、ということは、今の職場では満足できていない、あるいは納得できていないということでしょう。

それで、では自分は何を求めるのか、ということを考えます。その時に、いろいろと条件や希望というものがあると思いますが、そこにしっかり優先順位をつけることが必要です。そのようにして、一番譲れないポイントや条件を明白にしておくのです。

その条件に合った求人を見つけましょう。

次に、転職したいと思えるような求人を見つけたら、すぐにそこに決めてしまうのではなく、その前にその園や施設の評判を調べましょう。

求人情報やサイトなどで、その園の方針などについてはわかるかもしれません。でも、実際そこの職場の雰囲気ややり方を見ないと、本当のところはどうなのかということがわからない場合もあります。

ある保育士さんは、入社してみて初めてそこでの保育のやり方が自分のしたいこととは違ったことを知って、転職で失敗したと感じたことがあるようです。それで、できるなら面接や見学会などで、実際に自分の目で確かめるということをお勧めします。

そうすることで、そこでの人間関係の様子なども知ることができることもあります。保育士の転職理由の一つとして、人間関係の複雑さということもあります。

どこへ行っても、何もないということはないかもしれませんが、あまりにmこヒドイ、やりにくい職場には転職したくないですよね。

それで、実際にそこでの雰囲気を自分の目と肌で感じてくる、職員同士の関わり方や会話の内容などをチェックするということで、多少その職場の人間関係を知ることができるかもしれません。

そして、いろいろな情報を収集することは、求人に乗っていた条件と現実は全然違った、ということをできるだけ避ける助けになります。

実際、「残業なし」と書いてあったとしても、残業するのが当たり前、さらに持ち帰りの仕事がいっぱいある、ということもありますし、「休日休み」と書いてあっても、休日出勤があることもあります。

お給料に関しても、求人案内で書いてあることと変わってしまうこともあるので、そこはしっかりと自分で確認しつつ、もし異変を知ったなら、採用されても断る勇気も必要だと思います。

できるなら、先輩や信頼できるところからの情報などを得て、その企業の本質がわかるようにするとよいでしょう。それで、職場見学や説明会などに参加することもできると思います。

それらに参加することによって、勉強熱心な保育士として自分をアピールすることもできます。キャリアだけに頼っているのではなく、しっかりと新しい情報を取り入れて、新しいことにもチャレンジしていく気持ちがある人は高感度が上がります。

さらに、説明会などに行くともう一ついいことがあって、その企業の制度を詳しく知ることができたりします。それで、制度を十分に活用することができるのです。

実際、自分の働いている企業の制度を詳しく知らないまま働いている人も多いような気がします。

知らないで制度を活用せずに働くのって損ですよね。

できるだけ、お得に制度を利用できるようになることも、賢い働き方ですね。

保育士・幼稚園教諭の求人・転職サイト口コミランキングTOP30!

今回は、おすすめの保育士さん向け求人サイトをご紹介したいと思います。また、転職の際にチェックしておく点もお伝えしたいと思います。これから転職を考えている方は参考にしてみてください。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事