30代の保育士の転職理由や転職先や求人の探し方!

30代の保育士の転職理由や転職先や求人の探し方!

30代になると、転職するか、結婚するかなど、改めて考える方も多いかもしれません。保育士として働いている方の中にも、転職を考えているという方がいるかもしれません。今回はそんな保育士さんの転職事情について取り上げてみたいと思います。保育士さんが転職を考える理由、転職する場合に気を付けること、転職先の探し方をご紹介していきます。

保育士が辞めてしまう理由

30代は人生の転機、と言ったりしますね。30代になると、仕事を続けるべきか、転職するか、結婚するかなど、改めて考える方も多いかもしれません。

保育士として働いている方の中にも、転職を考えているという方がいらっしゃるかもしれません。今回はそんな保育士さんの転職事情について取り上げてみたいと思います。保育士さんが転職を考える理由、転職する場合に気を付けること、転職先の探し方をご紹介していきます。

保育士がやめてしまう

あるデータによると、30代の保育士の約3割が転職を考えているそうです。保育園や幼稚園でのお仕事って楽しそうなイメージがありますが、実際は大変なお仕事のようです。

保育園を辞めた保育士さんの半数以上は「もう一度保育園で働きたくない」と思っているようです。保育士さんが辞めてしまう理由って、一体何でしょうか?

人間関係

人間関係

「職場に求めること」というアンケートで、1位・2位だったのは「人間関係が良い」「いい上司・同僚がいること」だったそうです。職場の人間関係って、仕事を続けていくうえで重要なポイントなんですね。

どの職場でも人間関係の問題はつきものですが、保育園でも人間関係がうまくいかないという話はよく聞きます。

保育園や幼稚園では、1つのクラスを数名の保育士で受け持つところが多いようです。そうなると保育士同士でコミュニケーションをとり、教え方や方針を合わせる必要があります。

相手は子どもたちですので、保育士の言うことを聞かなかったり、思いもよらないことをしたりするものです。たびたびイレギュラーなことが起こってしまうと、担任の保育士同士も対応しきれなかったり、情報のシェアがうまくいかなかったりと、トラブルも多くなります。

常に忙しい保育士さんたちですから、お互いに不満を抱えたままとなってしまい、人間関係も難しくなりがちなのかもしれません。

保護者からの理解が得られない

保育士さんの仕事の大変さって、なかなか周りの人からは理解されにくいようです。保育士さんって「優しい」とか「子どもが好き」とか、良いイメージがありますよね。確かにそうなんですけど、それだけではなく「体力的にきつい」とか「イベント準備に追われる」とか「子どもを預かる責任が大きい」とか、大きな負担を抱えているんです。

でも、それってなかなか保護者や周りの人に気付いてもらえないことが多く、保育士さんだけで抱え込んでしまいがちなんだそうです。「子どもと遊ぶだけの楽しい仕事じゃない」といった言葉に傷ついてしまう保育士さんたちも多いようです。

園内の主任や園長などのフォローと、周りの人たちの理解があれば、保育士さんたちももう少し働きやすくなるかもしれません。

給与が少ない

少ない給与

調査によると、保育園を辞める理由の1位は「給与が少ない」ということだそうです。

保育園は行事やイベントがたくさんありますから、それに向けて保育士さんたちは準備に追われます。保育園での就業中だけでは終わりませんから、持ち帰って仕事をするのもごく普通のことだそうです。

でも、その作業時間は残業代として手当てがつくわけではなく、サービス残業のようなものです。労働時間は長くなるのに、その分の手当てがないので、「仕事量のわりに給与が少ない」ということで辞めていく人が多いようです。

保育園で子どもたちのお世話をする際には、常に安全に気を配っている必要があります。高いところに登ったり、何か誤飲してしまわないように注意する必要がありますし、子どもと遊ぶにはけっこうな体力もいります。仕事熱心な保育士さんほど、持ち帰って残業したりされていますから、精神的にも体力的にも負担が大きくなってしまいます。

それなのに給与が安いとなれば、仕事辞めるという選択をするのもわかる気がします。

転職前に考えること

Confident employee leaving the office with his personal stuff

保育士の「仕事を辞めて正解だった」という方がいる一方、「やっぱり辞めなければよかった」という方もおられるようです。転職するかどうか賢く判断し、長く快適に働くためにはどうしたらいいのでしょうか?

辞めることのリスク

Risk Word On Blocks Arranged Behind The Ruler On Wooden Table

焦って転職して失敗してしまうのを避けるには、よく準備することが大切です。準備としてまず「辞めることのリスク」を十分理解しましょう。

仕事を失ってしまうと収入源がなくなりますから、一定の期間仕事がなくても生活していけるでしょうか。金銭面のリスクを負えるのかどうか、検討しましょう。

また、退職すると金銭面のリスクだけではなく、ローンやクレジットカードの審査が難しくなるというリスクもあります。ローンやクレジットカードの利用が必要な方は、退職を見合わせるか、先にカードやローンの手続きをしておくようにしましょう。

また離職したという記録は履歴書に残ってしまいます。一般的に離職経験はマイナスにとらえられがちですので。それでも離職していいのかよく考えて判断しましょう。

辞める時期

また、辞める「時期」についてはどうでしょうか。勤続年数によって、もらえる失業手当ての額が変わったり、受給可能かどうかも変わってしまいます。また退職金なども勤続年数やキャリアで変わってきますので、損をしないように辞める時期をよく検討すると良いと思います。

数年勤務して経験を積んできても、いったん仕事を辞めるとキャリアは1からになってしまいます。同じ園で長く働いていればキャリアを積んでいくことができますが、辞めるとゼロになってしまうこと、1から積みなおさなくてはいけないことも覚えておきましょう。

職場環境

職場環境

また、職場環境についてはどうでしょうか。人間関係がうまくいかずに辞めたいと思うとしても、就業時間や給料などの就労条件はいいかもしれません。次の職場では、思ったより就業条件が良くなかったり、きちんと指示をくれる上司がいないかもしれません。もしかすると、前の職場のほうが勤務環境は良かったと思ってしまうかもしれません。

仕事がつらい時期は、「すぐにでも辞めたい」と思ってしまうかもしれません。でも仕事を辞める前に、それに伴うリスクを考えたり、キャリアや今の就業環境を手離してもいいのかどうか、一度じっくり考えてみましょう。

転職する際の注意点

円満退職

いろいろ検討して転職することにした場合、できるだけ円満に退職したいですよね。トラブルなく退職し、スムーズに新しい仕事を始めるために、気を付けると良い点がいくつかあります。

退職時期

一つは辞める時期です。保育園は基本的に3月で年度が終わり4月から新年度が始まります。年度の途中でやめてしまうと、担任が変わり子どもたちや保護者、職員が戸惑ってしまうかもしれませんので、辞めるなら3月が一番影響が少ないといえます。

もう一つ、園に辞める意思を伝える時期も考えておきましょう。3月に辞めようと思う場合、その月や1ヶ月前に伝えるのではなく、11月か12月には伝えておくといいかもしれません。新年度のクラス編成や職員の勤務体制などを調整する必要がありますので、辞めることを決めたら早めに伝えるようにしましょう

入社準備

Hello I am New Words Sticker Name Tag Rookie

転職先が決まったら、勤務開始までに準備をしておきましょう。

入社手続きの際に必要な書類として、保育士免許、源泉徴収票、給与振込先の申請書などがあります。新しい職場にすぐに提出できるよう、必要書類をそろえておきましょう。また、保育士として必要な道具、エプロンや筆記用具、靴なども準備しておきましょう。

入社後はなにかとバタバタしますので、入社前の比較的余裕のある時期に整えておくといいです。

転職先の探し方

掲示板

転職する場合、どこで求人情報を見つけることができるでしょうか。いくつか探し方をご紹介します。

ハローワーク

職探しといえば、ハローワークに行くのが一番メジャーかもしれません。ハローワークで仕事を探す場合、全国の情報を得ることができますし、求人情報数が多いのもメリットです。

ですが、ハローワークで職探しをするには、ちょっと手間がかかるという難点もあります。ハローワークで応募するには一連の手順を踏まなければいけません。まずハローワークに行き、カードに記入し、専用の端末で求人情報を検索します。その後窓口で相談し、履歴書を提出し、書類審査が通ったら面接となります。

在職中でゆっくり転職先を探すという方には良いと思いますが、早く転職先を見つけたいという方には不向きかもしれません。

転職サイト・転職エージェント

ネットの転職サイトを利用する場合、自宅で手軽に求人情報を探すことができます。待ち時間が少なくて済むのがネットのメリットです。

メジャーな転職サイトはたくさんあり、求人数もたくさんありますが、いろいろな業種を扱っているサイトだと、保育関連の仕事に絞っていくのがちょっと面倒かもしれません。

サイト全体の求人情報数は多くても、保育関連の仕事に絞るとかなり少なくなることもあります。

保育士向けの転職サイト

一番使いやすいのは、保育士専門の転職サイトかなと思います。紹介されている求人情報はすべて保育関連のものですので、絞っていく手間が省けます。全国対応しているものもありますので、各地の情報を得ることができます。

情報量・使いやすさを考えると、一番効率がいいのは保育士専門の転職サービスを利用することだと思います。

保育士向け転職サイトのメリット

保育士向けの求人サイトの場合、求人情報が保育関連に限定されていますし、保育士向けのサポートも充実しています。

担当者によるサポート

Business women touching the coordinate screen

保育士専門の求人サイトの中には、担当コーディネーターがついて職場探しから面接、採用後のフォローまでサポートしてくれるタイプもあります。担当としてつくコーディネーターさんは、自身も保育士勤務経験のある方だったり、保育業界に詳しい方がいます。経験豊富なコーディネーターが、職探しをサポートしてくれると安心です。

コーディネーターはたくさんの求人情報を把握していますし、そのなかから希望条件と合うものをピックアップして紹介してくれます。自分一人だと、まず情報を集めるだけでも大変ですし、条件と合っているかそうでないか判断していくのも大変ですよね。コーディネーターがついてくれていると、その情報集め・紹介をスピーディに行なってくれるので、かなりスムーズに職探しができると思います。

また、担当者は応募先の園の様子や人間関係、就業環境などについて知っていることがあります。職場環境は重要ですから、あらかじめ聞いておくといいかもしれません。職場見学可能な場合もありますので、担当者と一緒に行ってみても良いと思います。

非公開求人が多数掲載

保育士専門の求人サイトは、求人件数もかなり多いですし、非公開求人も取り扱っています。非公開求人といっても、あやしい求人ではありません。人気の仕事や急募の仕事は、求人を依頼する派遣会社を限定することがあるようです。それは応募者の殺到を防いだり、すぐに必要な人材を確保できるようにするためです。

求人を委託する派遣会社を限定していれば、応募者が集まり過ぎるのを防ぐことができます。また、急募の場合はすぐに人材を派遣してくれる派遣会社に委託します。

さらに、保育園の中には求人条件・給与条件を地域に開示せずに募集したいというところもあるため、求人を非公開にしているようです。そのため、求人する側はどこにでも求人情報を出すわけではなく、信頼できる派遣会社を選ぶようです。

有名な求人サイトは企業側からも信頼されているので、そんな非公開の求人情報もたくさん載っています。

おすすめの転職サイト

保育士向けの求人サイトはたくさんあります。いくつかピックアップしてみますね。

ホイクナビ

ホイクナビ

紹介会社・保育園・派遣会社の求人をまとめて一括で検索!

ホイクナビでは全国の求人情報を見ることができます。どのエリアにお住まいの方でも利用することができます。求人数は日本最大級だそうです。

たくさんの情報がありますが、条件に合う勤務先を簡単に絞り込むことができます。探しているエリアの駅名や、路線から探すことができますし、勤務条件や必要資格から細かく絞り込むこともできます。

例えば、保育士・栄養士・看護師の資格がいるかどうか、働きたい施設の種類(保育園・託児所・学童保育)、施設の大きさ(公立・私立・小規模)なども、細かく指定することができます。希望の条件に合わせて、細かく絞り込むことができるので、ピッタリの求人情報を探すことができます。

さらに、サイト内には「お役立ちメモ」という欄があります。そこでは保育士さんの職場選びについての記事や、持っていると役立つ資格などが紹介されています。このサイトを利用するのはきっと保育士さんたちだと思いますが、その方たち向けの保育関連の記事が載せられているので、就職・転職・そして仕事をしていくうえで役立つ情報を得られると思います。

保育士WORK

保育士ワーク

情報量・使いやすさで、保育士専門の転職サービスです。職業紹介・派遣事業を行なっている有名な会社です。

保育士WORKのサイトを運営しているのは、株式会社ぱどです。ぱどってお聞きになったことがあるでしょうか。職業紹介・派遣事業を行なっている有名な会社です。そのぱどさんが運営している、保育士向けの求人サイトが保育士WORKです。

大手が運営しているので、やはり長年のノウハウや実績があります。大手という安心感が欲しいという方や信頼できるサイトで探したいという方に支持されています。

保育士WORKでは都心部に限らず、地方の求人情報もたくさんあります。全国的に首都圏のほうが保育園・託児所のほうが需要が大きいため、どうしても求人情報の数は首都圏の方が多くなるようです。ですが保育士WORKでは、地方の求人情報も多いと評判です。

「自分の住んでいるエリアで働きたい」という方をサポートするために、地域に密着したサービスに力を入れているようです。

転職はよく検討してから!

検討

ここまで、保育士の転職事情、おすすめの転職サイトの紹介などをしてきました。ハードな保育士の仕事ですが、転職するには意外と時間や労力がいります。退職すると金銭面や今後の就職の面でリスクを負うことにもなります。

今の職場環境を見直してみて、本当に転職する必要があるのか、退職しても大丈夫なのか考えてみましょう。身近に保育経験者がいれば相談してみるのもいいかもしれませんし、就労環境を変えられるか上司に相談してみるのもありだと思います。

退職前でも登録することができるサイトがありますので、まずは仕事を続けながら相談してみるのも一つの方法です。保育士業界に精通した専任コンサルタントに相談することもできますし、転職に当たって役立つ情報をもらうこともできます。

30代は、転職も含め大きな決定を下していく時期なのかもしれません。その後の生活をより充実させるために、賢明な選択をしたいですよね。今回ご紹介してきた転職に当たっての注意点、転職先の探し方なども参考に、焦らずじっくり検討してみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事