40代で保育士の転職ってできるの?成功させるための方法論と考え方!

40代で保育士の転職ってできるの?成功させるための方法論と考え方!

今回は、40代で転職を考えている方の不安や心配を少しでも取り除ければと思い「40代での保育士の転職はどうなのか?」また「40代で転職するのに成功するための秘訣」を紹介できればと思います。

40代で保育士の転職は無理?

40代の保育士の転職

40代になると、子供も大きくなってきて、子育ても落ち着き手が離れる頃です。

ですから「そろそろまた保育の仕事を始めてみよう」と考えたり、「そろそろステップアップしたいな」と考える方も多いのではないかと思います。

しかし、年齢を重ねれば重ねるほど就職や転職というのは難しくなると言われているようです。

本当にそうなのでしょうか?

今回は、40代で転職を考えている方の不安や心配を少しでも取り除ければと思い「40代での保育士の転職はどうなのか?」また「40代で転職するのに成功するための秘訣」を紹介できればと思います。

では、40代で転職したいと考える理由にはどんなものがあるのでしょうか?

最初にその点を考えてみたいと思います。

40代で転職したいと考える理由

転職したいと思った時に、その理由がはっきりしていないとただ漠然と転職活動する事になってしまいます。そうならない為にも、40代で抱える悩みを見ながら自分の状況と照らし合わせて自分が転職したい理由をしっかりと考えてほしいと思います。

転職したいと考える理由には人それぞれだと思いますし、沢山の理由があると思います。それは、40代にかかわらずだと思いますが、とくに40代で転職したくなる理由をいくつかあげてみます。

第一の理由にはやはり「収入への不満」です。

厚生労働省の資料によると、平均年収は男性で3,508,800円、女性だと3,142,200円です。これが高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、仕事量がとても多く朝から晩まで働いていたとしてもなかなか給料が上がらないとガッカリしてしまいますね。

40代は将来への蓄えや子供の教育費などによってお金が必要となってくる事もある年代です。ですから、どれだけやりがいがある職業だったとしても給料が低すぎて生活が苦しくなってしまうなら続けていくのは難しくなってしまいますね。

次の理由としては「体力面の心配」です。

社会問題としてあげられるほど、保育士の人材不足により1人にかかる負担はものすごく大きなものとなっています。

例えば児童たち1人1人に常に目を配らなければなりませんし、様々な行事の準備などもあり、やらなければいけない事は山のようにあります。定時で帰れると思ったのに、やることが多いため時間外勤務や休日出勤をしなければならないといったこともあるでしょう。

こうした仕事量は体力がある20代でも40代でも変わりはありませんから、保育士としての仕事が体力的に辛くなるかもしれませんね。

三番目ですが、これはどの年代でもいえますが「人間関係への不満」です。

限られた狭い環境の中で働く職場ですし女性も多い職場ですから、一回こじれてしまうと大変という話もよく聞きます。先輩・後輩に挟まれて…という状況もあるでしょう。とくに40代だと後輩の教育も任されますから、人間関係がうまくいっていない職場だと難しくなる場合もあります。

また、同僚との関係だけでなく保護者との関係がうまくいかなくなって泣く泣くやめるというケースもあるようです。

このように40代で転職するのには様々な理由がありますね。

では、40代での転職は本当に可能なのでしょうか?

その点を次に考えてみましょう。

40代での保育士の転職は可能なのか?

簡単に言えば、40代での保育士の転職は可能です。

保育士の需要というのは年々増えていっているので、40代であったとしても転職は十分可能と言えるでしょう。また、経験のある保育士の方が、保護者の信頼を得られるということもあり多くの保育園が40代の保育士を積極的に募集しているようです。

しかし、転職は可能とはいえ40代以降の求人は残念ながらガクッと減るのも事実です。ですから、経験をアピールしたりしながら諦めずに転職活動を続けることが大切となってきます。

では、40代で転職するメリットにはどのような事があるのでしょうか?みてみましょう。

40代で転職するメリット

転職というと若い方が有利という声は多いです。しかし、40代という年代で転職するメリットもたくさんあります。

例えば、先ほども少し触れましたが、大切な子供を預ける保護者の方は若い保育士さんよりも保育士としての経験を積んだ、また人生経験も豊富な保育士さんの方が信頼して任せることができるという思いもあるようです。そうした経験を積んだ保育士さんだと、何かあった時のとっさの判断力だったり、子供達への接し方が上手などのアドバンテージがあるからでしょう。そのため、保育園側としても経験を積んだそうした保育士を雇いたいと思っています。

また、小規模園や新規オープンする保育園というのは、新人の保育士をとって新人教育する余裕や時間はあまりありませんから、こうした保育園は40代の経験ある保育士を取りたいと思っています。ですから、転職するにはこうした小規模園や新規オープン園に焦点を当てて転職活動するならメリットがあるといえるでしょう。

では、40代で転職するための秘訣はあるのでしょうか?転職の際に知っておくべきポイントとともに書いていきたいと思います。

40代で転職するための秘訣

40代で転職するには、大変なことや難しいことがたくさんあると思います。

ですから、まずは諦めない心!「転職して必ず成功するんだ!」という強い心が必要です。

こうした気持ちがないと途中で諦めてしまったり、妥協してしまうということもあり得ますから、気持ちというのは大切になってきます。

そして、アピールの仕方も重要となってきます。「保育士として仕事がしたい」という意思を積極的にアピールすること。さらに自分が今までどのような経験をしてきたのか、そうした経験から何を学んだかなど経験を語ることができるでしょう。 また、そうした経験からこの保育園にどのように役立てることができるのかを具体的に話すといいでしょう。

例えばこのように言うことができます。

「私は◯◯年保育士として〜で働いていました。子育てに一段落したので、キャリアアップの為にこちらの保育園に応募させていただきました。私の強みといえば、子育ての経験があることです。子育てする前にも保育士をしていましたが、その頃は独身でしたし親の気持ちというのが十分に理解できていなかったと感じます。しかし今、保育士の経験と共に子育ての経験も経て、保護者の気持ちをより感じ取りやすくなったと感じます。また、他の保育士の方の相談役としても活躍したいと思っております。」

このアピールの仕方で効果的なところがいくつかあります。例えば、具体的にどこでどの位の間勤務していたのかを言うといいでしょう。そうすることで、保育士としての経験をアピールすることになります。

また、子育てをしていたという経験、そしてそこから感じたことを盛り込んでください。そうした経験を話すことで、保護者からの安心感を得れることをアピールすることになるでしょう。

このように、子育て経験や保護者に対する対応、若手の保育士の相談や指導という点を最大限にアピールしてください!

では、40代で転職する上で考えるべき大切な点を2つあげたいともいます。

40代で転職する時に考えるべきこと

40代という年代で転職するにあたり考えるべきことや注意すべき点を考えていきましょう。

まず「体力について」です。

20代、30代と比べて40代という年代はどうしても体力は落ちてくるもの。以前の就職活動、転職活動の時には体力についてはあまり考えなくてもよかったかもしれませんが、40代での転職は体力面を考慮した転職活動が必要となってきます。

特に、他の職種と違って保育士という仕事は非常に体力がいる職種です。実務内容が多かったり、子供を抱っこしたりと体力勝負となります。

ですから、雇う保育園にとっても体力がありそうな20代、30代を採用したいと思うでしょう。面接の時に、体力があることをアピールできるように体力づくりが必須となってくることでしょう。

特に、子供を抱っこしたりする必要もありますから、足腰を鍛えなければなりません。そのためには普段から、水泳やジョギングなどによって体力作りが欠かせません。時には長くなる転職活動を最後まで走りきる為にも必要な事と言えます。

次に考えるべき点は「家庭と両立できるか?」という点です。

子育てが一段落したとはいえ、まだ子供が完全に親元を離れたわけではない方にとっては家庭と仕事との両立というのは考えておくべき大切な点でしょう。家事もこなさなければいけない中で、どの位の時間、期間なら働くことができるのか考えてみましょう。

一人でゆっくりとしっかりと考えることも重要ですが、家族も関係してくる事ですので一度家族全員で話し合ってみてください。家族の中には、家事を手伝ってくれる人もいるかもしれません。こうした家族の協力が得られるなら、より一層働きやすくなるでしょう。

こうした2つの点「体力面」と「家庭」について考慮すると、どんな働き方が自分には合っているのかと自ずと分かってくると思います。

中には、正社員として働きたい!と思っておられるかもしれませんが、体力面や家庭のことを考えるとパートや派遣社員として働いた方がいいかな…など分かるでしょう。そうなると、保育園もどのような所がいいのか、融通のききやすい保育園はどこかと絞られてくることと思います。保育園でなくとも、託児所、ベビーシッターなども考慮してみてもいいでしょう。

大切なのは、保育士としてどんな働き方が「自分に」合っているかです。一つの業種に固執したりしないようにしましょう。 広い視野で転職活動する必要があると思います。

40代で転職するにあたり「保育士専用の転職サイト」を利用するなら心強いでしょう。

一人で転職するには不安がありますし、情報収集するにも限られてしまう為に、転職のプロに任せることは賢い選択かもしれません。そうした転職サイトでは多くの方への転職サポートを通して様々な転職経験があります。ですから、40代で転職する上で何に気をつけたらいいのかなどのポイントにも精通している事でしょう。 中には40代での転職に強い転職サイトもありますし、転職サイトの登録、利用は全て無料ですから、まずは一度登録してみるだけでもおススメです。

実際にオススメのサイトを紹介したいと思います。

「マイナビ保育士」

マイナビ保育士

大手人材会社マイナビグループが運営する保育に特化した転職サイト!

総合評価 4.20
対応地域 東京、神奈川、埼玉、千葉
特徴 ・一人ずつ丁寧に時間をかけたカウンセリング ・マイナビグループのネットワーク&ノウハウを元にした転職支援 ・保育園や運営企業の様々な情報を収集してくれる

株式会社マイナビが様々な分野の求人を提供しています。特に保育士の求人に強い転職サイトです。

40年ほどマイナビ看護師、マイナビ薬剤師、マイナビ保育士などの有資格者を対象にした人材ビジネスを展開させてきました。

ただ単に求人を載せているサイトとは違い、マイナビ保育士に登録すると専任のコンサルタントにより自分の希望に合った求人をマッチングしてくれて、最終的に転職へと導いてくれます。東京、神奈川、千葉埼玉の1都3県での求人情報から探し出してくれますので、首都圏で仕事を探している方にはとても便利なサイトです。

自分の希望する働き方に合わせて探す事も出来ます。正社員で働きたい方、パートでの仕事希望などです。

マイナビ保育士って?みんな評判と口コミからメリットとデメリットを知ろう!

大手のマイナビが展開する保育士専門の転職サービス「マイナビ保育士」。首都圏の保育士の求人についてはトップクラスです。今回はマイナビ保育士についてその特徴やメリット・デメリットをみんなの洋盤や口コミから探ってみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%93%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

「保育士コンシェル」

保育士コンシェル

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している保育士のための求人紹介サービスです。好条件の求人を中心に取り扱っているのが特徴で、保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員などの幅広い職種の求人があります。

総合評価 3.7
対応地域 東京、神奈川、千葉、埼玉が中心
サービスの特徴 収入や通勤時間、残業が多いか少ないか、研修が充実しているかなど、自分の希望にあわせて求人を探すことができます。保育コンシェルではLINEで転職をサポートするサービスも行っています。

東京、神奈川、千葉埼玉の限定された求人情報ですが、好待遇の求人情報が取り扱っています。5,000以上の施設のネットワークを持っているのでその中から自分の希望にあった求人情報に出会えるでしょう。また「こだわり条件で探す」というところには「ベテラン(40〜)活躍中」を選ぶ事ができますので検索も簡単にできます。

保育士コンシェルってどう?みんなの評判・口コミからメリット・デメリットを探る!

保育士コンシェルは、株式会社プログレートが運営している保育士のための求人紹介サービスです。好条件の求人を中心に取り扱っているのが特徴で、保育士、主任保育士、施設長(保育園園長)、保育補助、幼稚園教諭、学童指導員、教室講師、児童養護・障害児施設職員などの幅広い職種の求人があります。

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%BB%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%82%8B%EF%BC%81

「保育士バンク」

保育士バンク

保育士専用の転職、就職活動を支援する会社です。2013年7月からスタートしている新しい会社ですが、この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長しており、保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。

総合評価 4.1
対応地域 全国対応です
特徴 業界最大級の求人数/非公開求人が多い/アドバイザーがフルサポート!

2013年7月にできた新しい会社です。しかし、新しい会社とはいえこの数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一だといえます。

この保育士バンクに登録すると、保育士専用のキャリアアドバイザーが付いてくれて、自分にあった仕事をマッチングしてくれます。またその求人情報は首都圏だけでなく全国からも探し出せますし、自分の働き方や雇用形態など詳しい仕事の希望も伝えることで40代であっても自分によりよい転職先を見つけることができるでしょう。

保育士バンクって?みんなの評判と口コミからメリット・デメリットを知ろう!

保育士バンクは保育士専用の転職、就職活動を支援する専門サービスです。この数年で国内最大の保育士の転職サイトに成長していきました。保育園、幼稚園共に求人件数は国内一です。実際のところはどうなのでしょうか?メリットやデメリットをみんなの評判からまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%A8%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

「スマイルSUPPORT保育」

スマイルSUPPORT保育

スマイルSUPPORT保育は、福祉系人材サービスを手がけるHITOWAキャリアサポートが運営する保育士専門の求人サイトです。派遣社員の募集以外にも、正社員やパートの人材紹介も行っています。

総合評価 4.1
対応地域 首都圏中心ですが、全国対応です!
特徴 利用者満足度は96.7%!公開されている求人数は3000件以上で、保育園以外にも企業内保育、院内保育、学童保育、プリスクール、ベビーシッターといった求人情報も取り扱っており、求職者の希望に合わせた仕事探しが可能です。

この会社は福祉関連の人材派遣を展開する「HITOWAキャリアサポート株式会社」が運営する転職求人サイトです。2018年1月現在求人数は33,670件以上です。紹介保育園のネットワークは2,800園以上で、年間1,000人以上の仕事紹介実績を挙げています。その満足度というのが96.7パーセントと、非常に高くなっています。

ここにあげた転職サイトはほんの少しです。他にもたくさんありますから、自分にあった転職サイトを見つけてくださいね。

では、最後に実際に40代で転職して成功した人の声から学んでみましょう。

スマイルSUPPORT保育って?評判からメリット・デメリットを知ろう!

求人数は30000件以上。紹介保育園ネットワーク広く、利用者の満足度も高いと評判のスマイルSUPPORT保育について紹介します。スマイルSUPPORT保育の特徴やみんなの評判や口コミから、利用するメリットやデメリットを調査してみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%ABSUPPORT%E4%BF%9D%E8%82%B2%E3%81%A3%E3%81%A6%EF%BC%9F%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%81

保育士の転職サイトはどれがいいの?選び方と注意点!!

転職がうまくいくだろうか、と誰もが不安になるとは思いますが、最近ではインターネットの転職サイトも保育士に特化したものが多く存在します。今回は保育士の転職サイトについて、その選び方や注意点についてまとめてみました!

https://hoiku-to-shigoto.fun/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB%E3%81%AE%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%AE%EF%BC%9F%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%A8%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9%EF%BC%81%EF%BC%81

実際に40代で転職した人の声

転職自体が初めてだという方も多いと思います。そうした方にとって転職というのは未知の世界…40代で初めて転職した先輩の声を聞いてみましょう。

「何年もパートで保育士として働いていましたが、40代になり自分の子に手はかからなくなりましたが、お金はかかるようになると少々危機を感じていました。しかし、今まで働いていたところでは正社員になる事ができなかったので転職を考え始めました。そんな時にちょうど友人から正社員を募集している保育園を紹介してもらいました。40代という年代でしたので、今さら…という気持ちもありましたが、インターネットでその職場について調べたり、実際に見学に行って見たりしました。待遇もいいし、人間関係もよく40代の私でも働きやすそうだったので応募してみました。そして見事、雇っていただけることになりました!この転職活動の期間に感じたのは、他の職種と比べて保育士の年齢層は高いなと思いました。 また、パートだけでなく正社員に転職の期間があるというのは本当にありがたかったです。」

40代での転職も十分可能という事が分かりましたね〜!

転職に不安はつきものですから、この方のように実際に転職したいと思っている保育園のことをインターネットで調べることもできるでしょう。また、インターネットだけでは分からない雰囲気や人間関係については実際にその保育園に足を運ぶ事で知る事ができます。

ですから、時間があるなら一度気になる保育園を見学することをオススメします。

まとめ

40代の転職は、諦めず粘り強く行う事で、必ず自分にあった転職先を見つける事ができます!

またアピールの仕方を上手に行う事、時には転職サイトなどのプロにお願いすることなどによって40代での転職を成功させることができます。

いろいろ心配や不安が多い転職ですが、40代の皆さんの転職活動がうまくいきますように!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事